セクハラに自衛官の暴言・・・・・・・・ひどいことになった

安倍内閣になったからだろう。
これまでは常識でやってはいけない、恥ずかしくてやらないことがドッと政治の世界にでてきた。いわば「雌伏」していた旧勢力がわが世の春と勘違いして出てきた感じがする。
公文書遺棄なんて敗戦直後、どこでもやってきたこと。
セクハラ発言、何を問題にするの?女性記者が具体的に暴力を受けたわけではないでしょう
自衛官も国民だし、野党に文句を言って何が問題なのか

そういう感じではないか!官僚や政治家そして自衛隊幹部クラスは。
極めてやばい、とくに自衛官の動きは怖い。

今日は夜、国会前で安倍はやめろの集会があった。19日は安保戦争法強行採決の月命日。毎月、19日を忘れるなと抗議行動が続いている。今回はモリトモに加え、福田次官のセクハラに防衛省の幹部(空軍3佐)の暴言があり、参加者は怒っていた。行動疲れか、最近は参加者が少なくなっていたが、今日は3000人と多かった。

その集会を終え、飲んで帰ったところ。
今日は暑かった。日中、池袋西口では古本市があり、毎度のことながら、持てないほど買った。明日もまた行くだろうな。
スポンサーサイト

チャーチル、いい映画だった

今朝は通勤電車の混雑時間帯で霞が関に行った。いやー、労働者諸君、通勤大変だね。
福島刑事裁判の傍聴券取得は今度で4度目。ようやく受かった。その券は福島からの被害者などに渡し、私は9時半からの「ウインストン・チャーチル」の映画を見ようと有楽町の映画館に向かった。

最近の安倍の馬鹿たれで政治家にはうんざりしているが、そうはいっていても仕方がない。あきらめていたら、愚か者はいい気になるだけ。愚かな政治が泥沼になっていくだろう。そう自戒しつつも、安倍内閣の二枚舌・三枚舌、嘘を平然と聞くのはいささかうんざりだ。危機において指導者はどうすべきか、チャーチルはその模範を示したんだとみた。

チャーチルを、私はあまり知らなかった。この映画を見て、すごい人だったんだと感心。
ヒットラーが欧州のかく乱要因、野蛮化、殺戮をする絶対許されない者とはっきりしているのに(今日時点で見れば!)、チェンバレン以下の保守党は融和政策、つまり屈服だ。チャーチルは保守党のはぐれ者で、それなりに実力者だが、全くの少数派。
ヒットラーの物量作戦でベルギー、オランダが落ち、フランスも危ない。ダンケルクには30万人の兵隊が殲滅されようとしている。そういう時に、屈服しようとうする輩が政権の多数。陸海空の将軍さえ負け犬だ。チャーチルは、でも負けなかった。

ダンケルクの将兵を救うために、近傍のカレーに最大限挑発し敵を集める。カレーの将兵4000人には徹底抵抗させ敵の目を集中させる。当時の日本軍国主義と違うのは、チャーチルは状況を説明し、彼らに「泣いてもらう」。「救援はない」、陽動作戦して時間を稼いでもらう、その間にダンケルクを救うと真意を伝える。

チャーチルがイギリス帝国主義の首相であった程度しか知らなかったが、そんなもんではない。
国民にナチスに屈服した平和がいいか、苦しいけども自立した市民でいたいか。地下鉄に乗りあわせた市民に聞く。もちろんその答えは、闘うさ、泣けたね。

英雄願望といわれるかもしれないが、チャーチルはえらかった。彼を支えナチスに抵抗したさせた英国民もえらかった。

組合は解散しても、OBには関係ない

昨14日、安倍内閣総辞職を求めての国会前行動にはたくさんの人が来た。組合川崎支部のOBからも8人参加。安倍達のやっていることに怒りを通しこし、憮然というか、唖然となっているのだが、そういっていてもバカ首相は権力の椅子に座り続けるだけ。何としても早くにお引き取りしてもらわなくてはいけない。

私は1時45分、丸ノ内線の国会議事堂前で降りたら、日の丸の旗を一本づつもった20人ほどの右翼が「日本ガンバレ」と官邸前に並んでいた。安倍を応援する奇特な人達もいるものだ。ヘーエと感心しながら集会場の国会正門前、憲政会館に歩いたのだが、人人人で中々進めず、2時の集会開始時点ではみんなと合流できなかった。

国会前5
これは4時頃の正門前。新聞によると3万人という。

安倍首相をこのまま居座らせたら、日本は終わる。
そういう危機感を参加しているものが共有しているな、と思った。

国会前3
川崎支部のOB8人が参加した。
心臓疾患で死にそうになったE君や、骨折して久しぶりに来たI君。沖縄・辺野古の座り込みに日参しているF君。地元・木更津がオスプレイの基地になりそうでこれから反対運動だというM君。
みんな元気。
全石油ゼネラル石油労働組合は解散したようだが、われわれOBにそんなことは関係ない。
有楽町の飲み屋で、万馬券をあてたH君のおごり、たらふく飲み食いした。
次は5月3日の有明での憲法集会だ。

シリア爆撃、大変なことになるのに・・・・・・・

アーア!
シリアへの爆撃が始まっちゃった。毒ガスをアサド政権が使ったというが、ほとんど国内制圧をするこの時期に使う理由がない。米英仏はアサドの嫌疑をいうが、イラクでの前例がある。フセインを倒したが、その後、100万人以上の犠牲者を作った内戦、やISを作った。これへの反省はどうなったのか
反政府側が使ったかもしれないのに、全くいい加減だ。アメリカにとってじゃ、古ぼけたトマホークを沙漠に処理でき、正義漢ぶりを示したいのかと思いたくなる。

しかし、これでロシア、イランとの軋轢は飛躍した。トランプの馬鹿はともかく、英仏がこれに同調したのはどうにもわからない。

これから私は国会前の安倍でたらめ内閣の抗議集会に行く。文書疑惑でうんざりしているが、シリア事態を等閑視していた己が情けない。これから世界はどうなるんだろうか


福島の裁判傍聴、3回ハズレ

昨日、一昨日と連荘で早朝、東京地裁の福島刑事裁判傍聴で並び、いずれも傍聴できる番号に当たらなかった。300人に100人当たる割合なのに・・・・3月にも外れているので3回とも籤運なし。昼からは国会前での労働規制緩和反対=働き方改革法案反対の集会がある。それで日比谷公園でスケッチをして2時間つぶした。
風が強い荒天で、少し寒かった。大きなすずかけの木が芽吹き、チューリップやハナミズキがきれいだった。

皇居側の心事池にアオサギがいた。絵になるのだが、風にフラフラ揺れるやなぎの新芽にヨシ。南画の世界なんだけど、うまくいきません。
日比谷公園

昼休みの国会前には労組の旗が並んで、高度プロフェッショナル制度導入、過労死促進、意味をなさない時間規制、非正規格差をなくさない同一労働のから文句に、反対と声をあげた。

モリカケに防衛省の文書隠しなど唖然とすることばかり続く。今日は夜、国会前で安倍政権退陣を求めて抗議行動がある。
リンク