紙泥棒を見ちゃった

朝のアルバイトを終え、10時半に帰ると、家の近くで紙回収日をねらった紙泥棒に出くわした。我が家の廃新聞紙も、仙台ナンバーの黒ワゴン車に積まれるところだった。たぶん紙価が高いのだろう。いずれ行政の摘発があるに違いない。
「あなた、区の委託業者ですか」と抗議しなくてはいけないが、怖くて見て見ないふりをした。

火曜日はビン・カン、ペットの回収だが、ホームレスとおぼしき年寄りがアルミ缶を山のように集めている。
この前も、捨てに行ったらせっせとアルミ缶だけを集めているところに出くわした。どうぞと渡したら、「通学前はやめてくださいと言われているんですが・・・・」と言い訳がましくいう。でも遅くなると仲間に集められるのでやむなくやっているようであった。こちらは生活保護など社会福祉の問題だ。

3.20福島忘れない
20日、代々木公園で反原発の集会があった。「福島を忘れない」という表題が6年たつと重い。1万1千人が集まった福島を中心に甲状腺がんが出ている。行政はこれを原発事故との因果関係不明と逃げている。患者家族はあたかも悪いことをしたかのように隠している、でも不安。そういう人たちを1人10万とか20万寄付する活動の紹介があった。「子どもを守るのは大人の責任」とデモのコールにもあったが、無駄な除染をやって強制帰還させるよりも、とりあえず放射能の強い地域からの避難者の生活保障をやった方がずっとコストも少なくできるのに。
OUのOB6人で、デモを終了後、飲んだ。

OB会のニュースによると、会社から統合後の話があったという。はっきりいえば、これまでのような「仲良く」はできないということ。うるさいOB会との関係を一刀両断するようで、現役経営者はさぞ恨まれるだろう。「JXが・・・・」と逃げるんだろうなー。
*OB会への補助費は減らす
*ガソリン補助は1年間だけ5%に減らし、来年から廃止
*来年4月からの退職者はJXTGのOB会に加入してもらい、希望者はオブザーバーでTとかGなどのOB会に加入できる
OB会のことだけど、組合にも一言あってもいいはずだ。

本日、自公の与党は共謀罪改め「テロ等準備罪」の成立させることを決めた。どうして、更にさらに住みにくい社会を作ろうとするのだろうか。権力者の恣意的な判断で刑罰を適用する法律案だ。
沖縄では番線を切っただけで、基地反対活動家が5か月も拘留された。福島に労組仕立てのレンタカーで行ったが、その費用徴収したら白タクだといって、弾圧。今でもこういったでたらめなことがやられている。更に、何でも弾圧できる法律を乱造するというのだ。秘密法、戦争法、そして共謀罪。なんか「どうせ通ってしまうんだろう」と思うが、反対しなくっちゃ。
スポンサーサイト

安友疑惑の徹底究明を

本日午後、国会前に4700人が集まり、政府抗議の集会をやった。安保戦争法が成立した昨年9月19日から、「19行動」。いわば月命日行動だ。政府への抗議は、沖縄のこと、福島のこと、南スーダンのこと、そして最も怒り強いのは森友学園事件であり、安倍首相の国会での無礼な態度だ。共謀罪への危機感もある。
この国がどうなるのか、やばいぞ。そういう焦りをもってみんな集まった。私もそうだ。

沖縄のことはちょっと書かないといけない。
辺野古の基地建設に反対するリーダーの沖縄平和センター議長の山城博治さんが5か月ぶりに昨日保釈された。東村のヘリポート建設抗議中の番線を切ったなどで逮捕され、全く不当な長期拘留であった。保釈金が700万円というからえぐい。何はともかく釈放されてよかった。

私は「自衛隊撤退」のシュプレヒコールには悩ましい思いがあり静かにしていた。それ以外の、森友疑惑の徹底解明とか共謀法反対、原爆被災者を見殺しにするな・・・・・などはみんな声を合わせた。

2017春
国会行動を終え、友人と私と上さんの3人で憲政会館の庭を歩いた。早咲きの安井桜がこれこの通り、きれいに咲いていた。
もう春。皇居周辺を歩いて、日比谷公園内のグリルでビールを飲んだ。

福島県民集会に行ってきた

昨日、郡山の開成山陸上競技場で「原発のない福島を 県民大集会」が開かれた。事故から6年、毎回参加してきたが、ことしも7時集合のバスで行った。5700人が集まり、1分間の黙とうから集会を始め、日本史上最大の産業災害に抗議した。

突然避難をさせられた被災者や、住民の多くがいない浪江町長。現地の発言などを聞くと涙腺が刺激されてたまらない。

でも被害者として泣き嘆き悲しんでいるだけではない。不条理は正さなければならない。
いい決議文だ。一部を転載する。
「・・・・・・・・福島原発事故と放射能災害は、いまなお継続中です。万単位の住民が故郷を奪われたまま、公的支援や賠償責任は次第に縮小されようとしています。そうした中で多くの人が、あるいは「被害者訴訟」に打って出、あるいは「脱原発訴訟」の原告となり、人としての権利を声高く主張しています。これらの裁判は近々、結審あるいは判決の日を迎えることと予想されます。・・・・・・・私たち福島県民が全国民の未来のために果たすべき最大の使命は、福島第2原発の廃止です。それは県議会の言うように「県民の総意」であり、政府と東電がこれを受け入れないのは県民の総意を真っ向から踏みにじるものです。・・・・・・・」
福島の集会
OU堺支部のOBの宇田三男君と会場で合流し、写真を撮ってもらった。

17日の前橋地裁での避難者訴訟は初めての判決で、部分勝利だった。国と東電への責任をみとめた画期的な司法判断である。
但し、以下の難がある。
1、根本的に、あの事故は津波のせいだったのか?地震の揺れでユーテイリテイ配管が破損し、それが原因ではなかったか。
2、救済内容に対し
*原告の一部しか救済していない。放射能を恐れ、自主避難したものは除外か!
*賠償額額が少なすぎる。


南スーダンで自衛隊員が5人、政府軍によって武器をとられ、一時拘束された。新聞によると、日の丸を縫い付けたPKOの自衛隊兵士に対してこのような無法なことがやられたが、こんなことは日常茶飯事とのこと。政府系部族が制圧しているだけで、いつ何時ルアンダの事態になってもおかしくない。
極めて危うい「平和」状態で、自衛隊を5月には撤退させるというが、これは要するに「ワシャ知らん」ということでしかない。駆け付け警護・・・集団的自衛権とやらの実績作りをしただけじゃないか。南スーダンの平和維持をどうするか、日本も大きな責任がある。

1時半から国会前で安保戦争法に反対する行動があり、これから私も参加するのだが、「日本だけが戦争に巻き込まれないように」「憲法9条守れ」という、国内的な関心に集中することには違和感がずっとある。シリアもイエメンも同じ命なのに、報道は少ない。日本だけが難民を受け入れないままでいいのか。そもそも紛争をどうしたら解決できるか、声をあげながら・・・・・・・考えている。

回答でた

昨日、春闘の回答が出た。この20年ずっと、春闘だからといって何も面白いことはない。TGでも、賃上げは定昇のみ、ボーナスはほぼ一定月率だった。
TGでは昨年からボーナスが業績反映となり、例年月率より良くなった。喜ばせておいて、今年は下げてきた。昨年の実質営業利益が、一昨年よりも下がった。会社は明言しないが、利益額によって月率がぶれる、そういう数式があるようだ。

組合への回答は以下の通り
1、賃上げ・・・「定昇」表による。大体1.6%くらいの賃上げ
2、年間賞与・・事務技能職:本給の4.4ケ月、専門職:本給の6.25ケ月・・・・ただしJXの支給期間にあわせ、夏季は5/6に減る。
3、旧KPIのTG賃金整合化をちゃんとやれ:組合の要求は理解している。
4、統合に伴う雇用確保:雇用確保は大事にするが、今時点で安易にはいえない。

防衛省の役人は稲田防衛大臣にも嘘を言っていたようだ。スーダン派兵部隊の報告が消滅破棄されていたというのだが、実は・・・・あった。文書管理がいいかげんでゆゆしいことだが、こと防衛省の場合、軍隊の好き勝手が既成事実化し、文民統制がいいかげんにされるのが怖い。決してあいまいな整理で終わらせてはいけない。

明日は福島原発事故抗議で郡山の集会に行く。
明後日は国会前で共謀罪反対
20日は反原発の代々木集会。
この3日は忙しい(終わってみんなと飲むのが)。

「最大100時間」ですか!

「働き方改革」の一環で残業規制を強める。それはいいのだが、特別に忙しい時の例外規定100時間にされるらしい。経団連と連合のトップ交渉で決まった。過労死ラインを大幅に上回るが、これで規制といえるのだろうか。せめてインターバルせいどくらい入れられなかったのか。
連合は、政府や経団連から「相手にされない」ことへの危機感が強いのだろう。でも労働者の団体として、こんな「規制」では何もならないと思うよ。

わたしのアルバイトのこと。今朝3時間働いた。卒業や彼岸などと花屋にとっては書き入れ時。立ちっぱなしの仕事だからだが、疲れた。

明日は春闘の回答が出る。私も団交メンバーで招集がかかっている。
JXとの統合で一時金の算定期間がJXにあわされ、今年は11か月になる。そうすると、夏の一時金が5/6に減る。数学的にはやむを得ないが、どうにも感覚的には納得できない。組合からは、「そんなの嫌だ」と抗議したのだが・・・・・・・不満をいっておくしかない。会社統合は経営者が決めたこと。それにしても、もう少し飲み込まれたのでなく、前向きだったら、良かった。

南スーダンから5月頃に自衛隊を撤退させるというが、随分無責任だ。もともと日本は憲法9条からいってあの戦地に自衛隊を送るのは無理があったのに、送った。そして安保戦争法を制定し、「駆け付け警護」とかもやれるようにした。一方で、アメリカが呼びかけた南スーダンへの武器輸出禁止の国連決議には賛成せず流してしまった。
我々はルワンダやユーゴ分裂での凄惨な民族殺戮を見た。そして今、南スーダンはその可能性があるところだ。仲介役のPKO部隊から日本がいなくなる。あい対する政治勢力への波及が怖い。
も一つ問題なのは、撤退する代わりに支援する、つまり金を出すというのだが、政府系の部族を冗長させるだけ。安倍のやることはやることなすこと、無責任だ。森友学園でぼろが出てきたが、これはひどすぎる。



リンク