FC2ブログ

「池子の森」周辺を散策した

24日、「池子の森を守る会」が周辺自然観察会をやった。友人T君から案内をいただき、参加した。
米軍住宅の建設で自然が壊された「池子の森」の多くは逗子市にあるが、一部は横浜市域にある。逗子の方は予定通り建設が進行中だが、横浜の方は事情が変わって、計画をとりやめた。地元町内会や「守る会」の活動の成果である。

京浜急行の六浦駅に集まり、米軍占領地のフェンス沿いにハイキングコースを歩いた。お年寄り30人程の集まり。植物や鳥の名まえを教えてもらった。町中でも見る小さな青い花の名前が、「ジゴクノカマノフタ」などということも知った。キブシにスミレ・・・・残してほしい自然だ。
山桜
一番高いところでも140mの低山コース、山桜【大島桜】がほぼ満開であった。

その後T君宅により、お酒を飲み、春爛漫を楽しんだ。山道で自然のシイタケを見つけ、土産に持って帰った(戻して煮しめにしたら、おいしかった)。
北海道で働いている息子がこの時期、春休みで1週間帰宅する。よれよれになって家に帰りついたら、ほどなく息子がやってきた。


21日、反原発の代々木公園の集会には1万人が集まり、渋谷駅前を通るデモをした。
写真は、自主避難者が支援打ち切りに抗議しているところ。
反原発3.21
組合OB6人で恒例の飲み会をした。F君は間もなく、沖縄の辺野古に1週間行くという。
私は5月の沖縄平和行進に全国一般南部と一緒に歩くことにしている。沖縄の知り合いと会えたらいいな。残念ながら、辺野古には遠くていけない。  
スポンサーサイト

ジュゴンが死んだね

昨日、国会前の「19行動」に参加した。安倍政権が憲法を歪曲し、戦争法を決めた月命日の行動だ。沖縄民意を無視した辺野古埋め立続行や軍事費増加に抗議した。また憲法改悪に向けた審査会開催を許さない、そういう夜の集会だった。

沖縄からはこんな発言があった
①県民投票で72%の埋立反対だったが、3000票の無効票があった。○以外は無効で、そのほとんどは「埋め立て反対」票だった。ハナマルや二重丸、そのうえに中には裏まで反対の文まであった。
②辺野古の大浦湾側はマヨネーズ状の軟弱地盤があって、合わせて活断層まである。絶対に完成できない工事。安倍政権にとって、今は考えずに続行することだけが政権維持のために意味ある。
③ジュゴンが死んだ。赤土や工事の音を含め餌場を失なったことの因果関係がある。知事からの報告に対し、安倍首相は、「そうですか」とか「可哀そうに」とよそ事の反応だったらしい。

集会は3000人。主催者からは、5月3日の憲法集会への大結集やその他もろもろの案内があった。でも、明後日の21日代々木公園の脱原発集会の案内はなかった。これまでなら反原発の呼びかけもあった。
またおかしなセクト主義が出てきたのかなと感じてしまう。


二子山(1165m)に18日行った。埼玉県の奥、両神山の裏なのでマイカーがないと日帰りではとてもいけない。今回も運転手付きで行った。7時に落ち合って、登山口は11時過ぎにつき、とても時間がかかった。林道が頂上近く(東岳と西岳の分岐近く)まであり、登山口から1時間で登れる岩山。鎖場もあり、ちょっとコワかった。西岳だけにし、東は危ないのでやめた。
二子山
逆光でとれなかったが、両神山の山塊はアルプスの様にギザギザしていた。私の裏に写っているロウソク岩は、100mくらい屹立していた。
二子山のローソク岩

福島の被災者を応援しなくては、と改めて思った

昨日、福島の県民集会に参加した。福島第1原発の爆発から8年。今なお5万人程が避難生活を強いられている。今回で終わりかどうかはわからないが、これまでと違って教育会館での屋内集会であった。1700人が県内外から参加。心にしみる発言がいろいろあった。

浪江の被災者は、町民1万7千人の集団ADR(裁判によらず調停で即決する仕組み)で、町民は不満ながら和解案で応じたが、東電は拒否。そのため、100数住人で国と東電に対し訴訟を開始した。これまでの公称は何だったのか振り出しである。2次訴訟3次訴訟を期待しているが今のところは、ない。住めない住居に対し、今年から固定資産税の請求。2年前から税金徴収がなされたが、町が代わりに払っていた。それが今年から本人へ徴収。余りにひどい。原発被害者は、「核災棄民」であることを自覚し、闘わなくてはならない。

浪江中学校は避難し別の街にあるが、今年3人が卒業し、在校生1人も4月から転向する。そのため閉校・休校となる。その先生の発言だ。高校に入って浪江出身とわかるといじめにあわないか、と親から相談があった。みんな負けずに頑張っている。3人に対しては、私の携帯番号を消すな、何かあれば連絡よこせ、と言っておいた。・・・・・・・・・こういう先生が僕らの頃には何人かいたな!

福島の生活協同組合はえらい。
農協や漁連と連携し、福島産の風評被害をなくすよう丹念に農地の放射線測定や米などの生産物の測定をし安全を確認し、全国の消費者に周知する活動をしている。これに福島大学も援助参画。第1次産業が元気にならないと福島は復活しない。・・・・・・・・・・・「被災者責任」との発言があった。被災者は黙っているのではなく、抗議し、かつ復旧活動を己の手でやる、そういう義務があるということではないか。
福島、阿武隈川

会場の教育会館脇に阿武隈川がとうとうと流れていた。白鳥や鴨,鷺がいた。安達太良の山は白く、春霞。河原でのスケッチだ。

高川山にハイキング

春めいた昨日、6人のパーテイーで中央線、大月から高川山という1000ⅿ弱のハイキングに行った。富士山がこんな感じでぼんやりと見えた。
高川山
低山ながら、登ったり下りたりと6時間近く、遊んだ。

同居している85歳になる義母の介護認定に区の担当者が聞き取り調査に来た。今日は彼女の調子がすごく良く、質問にてきぱきと答えていた。「大丈夫」といわれ、介護認定されないかと心配するくらいだが、私としてはデイサービスにいっていただけるといいなー。

東海第2原発動かすな

今日は東北太平洋側を襲った地震と津波から8年。震災関連を含めた2万人余の方がなくなった。犠牲者への追悼とともに地震対策をおろそかにしてはいけないと改めて思う。
昨日東京では、福島事故を起こした東京電力本社と、東海第2原発を再稼働しようとしている日本原電への抗議行動があった。私は東電の方はパスして、秋葉原にある原電本社の抗議に参加した。東海第2は40年以上たったオンボロ原発で、金属強度が心配される。福島よりも首都圏に近く、事故が起きたら風向きによっては首都圏壊滅だ。

規制委員会は再稼働をせかし、災害発生した場合の保険に国から支援を受けている東電が名乗り。全く話にならない。茨城の各自治体は困惑しつつも、再稼働マカリナランとはどこも言わない体たらく。このまま再稼働なんてなったら、喜劇どころか笑い話、自業自得と世界からいわれるだろう。
東海第2動かすな
日本原電本社抗議から秋葉原~お茶の水にデモを歩きながら撮った。200人ほど。

16日には福島での県民集会がある。風評被害を心配してか、現地ではこの手の集会をやりたくないようだ。昨年もすったもんだあったとは聞いていたが、規模が小さくなっての集会。今年で最後だそうだが、そういうことでいいのかね!
甲状腺がんは隠されていいのか。子供たちの被害はこれからだ。事故を起こした東電責任者は刑事裁判で、何の反省もないと居直っている。
同16日には国会前で辺野古基地建設反対の大集会がある、沖縄県民投票の結果を無視する政府。全くひどいものだが、私は原発事故を忘れないためにも、最後の福島集会に行く。

リンク