FC2ブログ

JXTGのシンポに参加した

昨日、JXTG主催の「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム23回目・・・・どう進める?再生エネルギー~脱炭素社会に向けて~」に参加した。有楽町の国際フォーラム、2時~4時。ネットで申し込みしておいた。参加者は、社員あるいは業界関係者のスーツ姿ばかりで、私のような一般参加は稀有な感じ。

石油会社にとって再生エネルギーをどう展開するか本気にやらないといけないが、果たしてどの程度本気かなと拝聴した。
経済産業省や原発をベースエネルギーとする計画を決めた政府委員などがパネリストだから、期待せずにいたのだが・・・・・・・・マー、そうだったが、それでも感想はある。

*枝廣淳子という大学院大学/ジャーナリストが5人の中で唯一、再エネ推進派であり、このテーマとしては人選が悪い。有馬純(東大)はもともと通産官僚だが、再生エネは高くて不安定と何しろ後ろ向き発言ばかり。そして、福島原発事故の反省は全くない。

*再生エネを西欧ではすでに30%達成している所もあるが、日本は20%未満。完全に出遅れている。その危機感は経産官僚の方が口にしていた。北電の地震時の全島停電や九電の再エネ遮断などで露呈した、地域独占の電力会社方式についてメスを入れないと再エネの飛躍はないだろう。脱炭素先進国のお手並み拝見ではなく、「やる」方針があれば、もっと推進できるはず。まだ原発頼みだから、一周遅れになるのだろう。

*太陽電池や風力などの不安定な出力制御として、アイルランドでは風力予測を活用し、火力発電をバッファー電源にしている。蓄電、水素化、フライホイールなどを補助としている。こういう実例を聞けたのは良かった。日本の場合は、他に揚水ダム発電もある。

*JXTGは「再生可能エネルギー事業戦略室」を9月に立ち上げ、本気になっているようだ。でも、ヤシガラをマレーシアから運び大分で燃やしてもバイオマス発電といえるのか。水素ステーションを作ってるが、石油分解による高コスト水素では電気に勝てない。「これだ!」と決め打ちができないので、いろいろやるしかないだろう、とは思った。

富士山を直近で見えた

11,12と1泊2日で河口湖畔に泊まり、やあ歩きをした。1日目は三つ峠、2日目は本栖湖から精進湖、西湖と周辺を歩いた。河口湖では紅葉祭りで大変な人であった。アジア人観光客が多かった。
本栖湖からの富士山
本栖湖の展望台からの写真だ。
スポンサーサイト

憲法公布日に、改憲反対の集会

3日は憲法公布日=文化の日である。午後から国会前で改憲反対の大規模な集会が国会前で開かれた。主催者発表で1万8千人。いつものように我々退職者世代が主力だ。懐かしい友人たちとも会えた。
野党各党が発言。安倍内閣の進める改憲、軍事拡大・福祉切り捨て、沖縄差別、拙速な外国人受け入れを批判した。

とにかくウソだらけの政治をやめてほしい、と組合OBは9人が参加した。持ってきた旗を樹木にひっかけたら、警察がしつこくヤメロ、ヤメロと言い続けるので、適当なところでおろした。そんなことを命ずる根拠があるのか!
集会後、有楽町で飲んだ。
11.3集会

道志山塊の低山遊び

昨日、4人で道志山塊の今倉山~二十六夜山~芭蕉の湯に歩いた。
秋の雑木林の低山(今倉で1400m台)ハイクは、落葉を踏みながら、紅葉がきれいだ。平日であり、途中1組しか会わなかった。朝、電車からは見えた富士山には雲がかかり、二十六山頂上では富士右半分がニョキッとしか見えなかった。芭蕉が温泉につかって、句を読んだところに私も入ったが、温くて気持ちが良かった。最終バスを待ち、お酒で出来上がって家路に。
26夜山で
山の名前の由来は、江戸時代、地元の女性が7月と正月の26夜にこの山に集って、飲食をしたからという。

26夜山から富士
手前が御正体山(1682m)、奥が杓子山(1598)その中間に、どっしりと富士山。頂上が雲の中半分だけ見えた。


11.3「止めよう改憲発議」国会行動が14時からあり、午後から出かける。組合OBも来るので終わったらパーテイーだろう。
国会では、改憲問題もさりながら移民解禁などいろいろとある。移民受け入れについては、外国人の人権が保障されること、国民に排外意識醸成につながらないか、しっかりした議論が必要だ。しかし、労働力不足解消のため、家族帯同ダメとか、いいとこどりだけの経済界の意見だけで拙速に進んでいる。

沖縄の辺野古新基地建設反対も今日の集会の大きなテーマだ。県知事選挙で基地建設反対が地元の世論であることがはっきりしているのに、安倍政権は防衛省と国交省の茶番で工事再開を始めた。許されることではない。

<徴用工判決、困ったなー>
韓国の最高裁が、旧徴用工の訴えに賠償すべきと命じた。被害者の喜ぶ姿。そして、日本政府は65年に解決済みと怒る談話。

いつだったか、知り合いと飲んでいたら慰安婦問題や徴用工のことで議論になった。彼は、すでに解決済みのことを蒸し返す韓国側に怒り、これ以上どうすればいいのかと不信を述べた。かなりこの間の事情に詳しい。あまり詳しくない私は、どちらかというと防戦。「加害者は被害者の痛みに、申し訳ないというしかない」・・・・・・・・韓国ヘイトにまではいっていないが、彼は熱くなって韓国批判をしていた。隣の席から「うるさいぞ」と言われ、その議論はやめた。
今度の韓国判決で、また両国の関係が悪くなり、国民感情に影響するんだろうと思うと気がめいる。65年協定で徴用工個人への弁済が済んだのか終わっていないのか。私は、済んでいないと被害者が思っているんだから、判決を支持する。
いずれにしても、嫌韓派とか原発維持派にはその理屈がある。ぼくとは違うが、議論しあえる関係は大事にしたい。激して粉砕することでなく、あゆみ会えるところがどこなのか、そういう議論が必要だろう。


大阪に日帰りし、病人見舞い

昨日、大阪に早朝出かけ、病人2人の見舞いをし、夜帰った。
M君とN君の2人ともゼネ石時代、川崎製油所から堺製油所に配転した。OU労組のOBで、私とは入社以来の仲間。2人ともがんでこの数年治療中だ。特にMの調子が悪いと連絡があり、生前にあっておかなくてはと押っ取り刀で行った。
痩せてはいたが、思いのほか元気。「三途の川から引き戻された」と本人の弁だ。「天命だが、しぶとく生きろ」と見舞った。

次に行ったM君は治療の合間ということで、長期戦。介護している奥さんが大変だが、自宅療養中だった。好きだった酒はやめたがタバコは少し・・・・まだ吸っているのだ!。「タバコはやめろ」と毎度のこと、忠告しておいた。

2人の面会後、帰るまで宇田さん達と軽く飲んだ。堺支部OBの近況を聞き、宇田さんの100名山達成を祝い、ただ飲みさせてもらい新大阪駅に向かった。

日光でゲストハウスとやらに泊まった

27,28と日光に行き、ゲストハウスというものに泊まった。山小屋よりはシーツがあっていいが、ほぼ似たようなものだ。使われなくなった1軒屋に2段ベッドを配置しただけで20人ほどが泊まっていた。我々高年齢の5人以外は若い外人の旅行者。3000円。すぐ近くにコンビニがあってそこで腹ごしらえはできる。便利、安ければいいと割り切ればいいのだが・・・・・・この歳になって、まさか沢木耕太郎の外国旅行のようなことをやることになるとは思わなかった。一種の民泊。良い社会勉強になった。
ウラミのたき
東照宮をはじめ、紅葉時期なのですごい人だった。中禅寺湖まで行くと渋滞で帰れないので、歩いて観光した。写真は裏見の滝という日光3名瀑のひとつ。

JXTGのこと
29日付で4人の懲戒処分が出た。2人はパワハラで減給。もう2人は川崎工場長と副工場長で、硫黄漏えい事故に対し、消防署。への通報が遅れたことのようだ。その程度が意図的におそかったのかどうか、知らないので何とも言えないが、堺工場の事故隠しへのいましめとみれば納得できる。
TGの時と違って、氏名を出して処分を公表し戒めとするのが徹底している。

JXTG新労組の発足ニュースをみた。旧OUからは役員にだれもいない。大組織に吸収されたんだな、と改めて寂しく見た。
リンク