JXTG株主総会があった

昨日、JXTGになって初めての株主総会が開かれた。本社ビルとなりのパレスホテルで、10時から12時。株主の多くが年寄で、1000人以上はいたんだろう。旧TGの知り合いはほとんどいなかった。
まー中身のない総会だった。私は初めから質問をする気がなかった、しみていた。以下思いつくまま。

統合効果を早めるには/販売政策はどうなるのか?。
中期計画で説明されていること以外何もなし。質問もなかった。・・・・・・先だって出た日経ビジネスの特集書きっぷりからして、投資家たちは石油業界への期待は冷めているのかも?

役員には報酬以外にストックオプションが新たに付与される。これはTG方式採用だろうが、金持ちほど強欲である。
子会社のNIPPOが談合事件であげられた。この件について、監査報告として「指導を確認する」といっていた。・・・・・・でも600社もある子会社をどう管理するんだろうか?

質問への回答の多くを杉森エネルギー社長がやった。揚げ足を取られない、余分なことは言わない。それに徹していた。武藤副社長ら旧TG役員の出番はなかった。

質疑から、参考になる話
1、中期目標(3年後の31年実質営業利益5000億円など)は、2030年の長期ビジョンから導き出している。石油消費が一層減り、環境負荷の少ないエネルギー状況を見据えてのもの

2、水素ステーションが40か所あるがFCV車が少ないため、現状使用実績は多くて1日2~3台、少ないSSは1台・・・・・・(感想)国からの補助があるからやっているんだろうが、無駄なことをやるものだ。

3、清水の住民3人がLNG発電計画中止を求めた。住居に近く、地震が危ぶまれ、雇用増にもならない。反対署名1万人。会社側は住民意見を聞かず、やるんだといっているが承服できない。/会社答弁は「実施を決めたわけでなく、検討中。今後も住民に説明していく」というのみ。・・・・・・・・(私の考え)これだけ反対があったら難しかろう。一方で、浜岡原発再稼働との比較ではLNG発電の方がいい。規模と環境への負荷との関係で折り合いができるのか?

以上


スポンサーサイト

コメント

確かに参加者の平均年齢が異常に高い印象でした。重厚長大リーディングカンパニーならでは。その割に株価冴えず配当低いのだから、もっと糾弾してほしいですが、清水とか…。清水の件は地域住民の話として自治体とやるべき話かなあと。いかにも最低限の株買って参加したマンションの自治会長とやらが、だらだら文章を棒読みして意見主張してましたが、株主総会で言う話ではないですよね。まあどこも取りあってくれないからやむなくなのかも知れませんが。あと、どこかのおばさんが「天下り反対」とかピントずれたコメントしてましたね。さすが日本代表企業は質疑応答も別次元と感心した次第。

庶民とはきっちりと向き合わないんですかね。
あと、旧TG陣営には話す機会を与えてほしかった。

今迄その場凌ぎの将来計画の説明で生き延び、とうとう最後には放り出し、しかも責任も取らず居直る経営陣に何を聞きたいの?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク