平目ばかりの裁判官

昨日の、福島原発被害者による千葉地方裁判所の判決にはがっかりした。
原発事故で逃げ、住居も仕事も家族をもなくした人たちが国と東電を訴えたのだが、その判決は東電のみに責を負い、国にはおとがめなし。地震・津波の被害想定をしながらの不作為ならば、当然に責められるべきだ。原発推進政策で安全といってきたのだから。

裁判官は時の政治に影響される。ましてや安倍首相の強権政治に司法ごときは右倣え。つい先日にも、東京朝鮮高校への平等な扱いを求めた裁判は全面却下だった。北朝鮮情勢が反映したものだろうが、こういう判決を下せば民族差別を一層強めるだけだ。

退官間際の判事しか良い判決を出せない状況は日本の閉塞感を増すだけだ。ドイツでは裁判官が市民と一緒にデモをするというが、市民のひとりとしての裁判官・・・・・・平和とか差別反対のために戦う市民の一人としての裁判官、日本ではないものねだりということか!

シモバシラの花
22日、板橋区植物園で、これがシモバシラとあった。高尾の山でも見る、”トラの尾”のような花だが、これが厳冬になると茎から吸い上げた水を先端に凍らせて、花のようになる「シモバシラ」と知った。

同区の美術館で「江戸の花鳥画」展があり、それを見ての帰りに植物園にも立ち寄った。
江戸の絵画展

20日、映画ダンケルクを見た。良かった。
第2次大戦の初戦で英仏軍はドイツ軍に大負けし、フランス北部のダンケルク市に押し込まれた。その数40万。目の先の英本土に逃れるだけだが、制空権はとられている。よくも敗残兵の多くが生還できたものだと知りたかった。

それはきれいごとではなく、芥川龍之介の「地獄変」のように、相手を蹴落としとにかく逃れる世界だった。
船を並ぶにも階級があり、よそ者は排除される。フランス軍は後回しにされる。
避難船に乗っても、空爆や魚雷でバタバタ沈没し、死んでいく。

そういう人間の性とともに、危機に当たっての英国民が一体になって難局を救う場面がすごい。それは泣けてくる。
チャーチル首相は40万人のうち3万人くらいしか生還させられないと予想していたが、33万人?救出と多くを救ったからとにかくすごい。
例えば
⁂漁船や小型の屋形船などが協力し、避難兵を救いに行く。国旗を背負っただけで続々とやってくる。霧の中から忽然と現れるたくさんの船。普通の船長が危険を省みずドーバー海峡を越えてやってくる場面は、感動的だ。
⁂制空権を取り戻そうと空軍が奮闘し、空中戦で勝ったことが撤退を成功させた。
⁂生還した兵士たちの列車が駅に着くと、市民が「よくやった」「お疲れさん」とねぎらい、ビールを渡し、大歓迎する。兵士たちは敗残兵と罵倒されるのではないかと思っていた。・・・・・・・・日本だったら、冷たい状況になっただろう。

その後のロンドン空爆に耐えた英国民の底力を見させてくれた。

明日は沖縄の辺野古基地建設反対で新宿駅周辺デモがある。参加するつもりだ。



スポンサーサイト

台風過ぎて猛暑来る

連休の土、日は町内会のお祭りで、私は恒例の交通整理・警備担当をやった。
寒い雨で大変だった。
未明の大雨と大風が過ぎ、「敬老の日」はカラッと青空。ぐんぐんと温度が上がった。
午後からの「原発と戦争なくそう大集会」が代々木公園であった。欅の日陰以外はカンカン照りで、ものすごく暑かった。OUのOBが久しぶりに9人集まった。
突然の朝鮮情勢の緊張と突然の衆院解散・総選挙の報道・・・・・原発も戦争も止めよう、安倍内閣を打倒しようと声をあげた。

9.18原発さよなら
渋谷の街をデモし、解散後の後続デモを写した。それからはビールだビールだ!2時間、よく飲んだ。

⁂60,70台だからまずは知り合いの近況。E君は心筋梗塞で危なかったが管を2本通して助かった。堺のN君のその後のガン治療は一進一退である、など。
⁂8月号悠YOUが片面のみとなったのは、JXTGに合併してからこれまで以上に会社のチェックが厳しくなって、それで書けなくなったんだと質問に答えた。
⁂2週間辺野古の座り込みに行ってきたF君からは写真で報告を聞いた。粘り強い老人主体の行動であり、働き盛りの参加はあまりない。世代間のずれが沖縄は東京以上にあるようだ。<読谷チビチリガマの肝試し事件もそうだ>。座り込みを排除されると2時間くらいは装甲車で囲まれたところで動けないようにされる。沖縄の暑さは湿っぽくてきつかった。ユニカーを解雇され沖縄に住んでいるW君とは顔を合わせただけ、ガンでかなり弱っていた。
⁂OBの忘年会の幹事長K君はのんびり屋で、飲み屋をどこにするか何も決めていない。例年同じようだが
⁂次回は10月1日の横須賀の原子力空母の母港化に抗議する集会で集まることに。

敬老の日
孫から、敬老の日にもらった。前夜、私にこそこそ何かやっているとは思ったが、買ってきた花の水揚げをやっていたんだ。ありがたくいただいた。

今晩は国会抗議行動がある。2年前、安保・戦争法の強行採決がやられた。その日を忘れるなと、「19抗議の日」月命日。朝鮮危機をあおり、日米の一体化は格段に進んだ。日本は高い兵器もどんどん買っている。政治を変えないと大変なことになる。

共謀罪廃止の運動をすすめる連絡会ができた

昨日、日比谷公園で「共謀罪廃止の連絡会」の発足集会があった。安倍政権で矢継ぎ早に悪法が通っているが、あきらめずその廃止を求めよう。治安維持法を復活させるな、内心の自由を奪うな、と3000人で集会をし、銀座をデモした。

集会の中で、関東大震災での朝鮮人虐殺に対し小池知事が歴代の知事が出してきた追悼メッセージを拒否したことに関し・・・・・・6000人の死が疑わしいと知事は言うが、それは5000人なら良かったという話ではなかろう。ドイツの政治家がナチスのユダヤ人600万人虐殺を信憑性がないなんていったようなもの。日本ではこのような発言が放任されている・・・・ソウなのだ。南京事件30万人への難癖といい、日本には道徳がない、と思う。

もう一つ。最近、東京地裁は朝鮮高校への差別排除を認める判決を出した。これについて、「北朝鮮のミサイルや原爆実験で国民が危機感をもっている。そういう中で、朝鮮学校への差別は当然だという判決になったのではないか」
私もこの裁判を注視してきたので全く残念。北の体制と子供たちの教育権とは関係ないはずだ。

共謀罪廃止のデモ
数寄屋橋を過ぎたあたりで証拠写真を写した。

デモ解散後、軽くのつもりが終電間際の飲みになった。
今朝の北朝鮮のミサイル発射について、私を含め、みんな口が重い。危機状況が続けば、世論はより右傾化していく。安倍がミサイルの金を出しているんじゃないのと、陰謀説を口にするのが関の山だ。
ばかばかしくやってられない。

JVCは、北朝鮮と日本の子どもたちの絵の交換運動をやってきた。その関係者が21日に現地の報告会を開くというので参加を申し込んだ。
ミサイルの陰で弱い人たちが、経済制裁で最もしわ寄せを受けているのではないか。イラクのフセイン時代、国連の制裁決議で医薬品や食料がなく、子供たちがたくさん死んだ。米軍の使った劣化ウランの被ばくやクラスター爆弾の破裂による二次被害もあった。欧米の市民運動が制裁批判をし、ようやく飢餓や治療の面で良くなった。今また繰り返されている。とんでもない独裁者、国連決議をあざ笑う独善。深化する制裁でも軍事化には支障とならず、国民はさらに困窮していく。
北朝鮮との民間交流を続けられたらいい。これは体制を認めるとか支援することではない。

地元のお祭りが今日、明日とある。台風で明日あたり大雨らしい。孫たちも子供神輿を引っ張ってお菓子をもらうのを楽しみにしている。神輿を担ぐのは若い人に任せ、私は当然、いつものように交通整理役だ。

すごいなーと思うー全石油ゼネラル石油労組の綱領

憲法が変えられようとしている。
ズタズタになった平和憲法だが、建前であろうと何としても戦争放棄の姿勢を守らないといけない。
国の基本である憲法、労働組合には綱領である。憲法も綱領もざっくばらんにいってしまえば、いわば建前だ。憲法がどうだろうと、組合の綱領に何が書かれようと、残念ながら好き勝手にできる。

私が2年前まで組合の事務局長をしてきた全石油ゼネラル石油労働組合(OU)にも綱領があって、これはなかなかに重い存在だった。何しろ、争議解決後、100人の組合員のアンケートや全員集会で意見聴取をし、1年かけて綱領を作り直した。
組合分裂・争議・和解解決、社会的公正、平和、連帯・・・・・・・組合員の考えを言葉にするとこうなった。率直に言えば、重い指導文書であり、ある種、思想集団の宣言のようだ。
私は、日常活動において、綱領どうりであったか・・・・・・・・時に悩むこともあった。会社人事からは、特に綱領の第1点、能力格差の文言を変えられないかといわれ、考えておきますなどと対応したこともあった。それでも、おのれをいつも点検する「歴史的文献」ではあった。

もし、私が今のJXTG合併後の中で現役執行部でやっていたらどうしたものか。股裂きになるんだろうなー
全石油ゼネラル石油労組の綱領
われらは、つぎの合言葉で、組合の旗の下に団結する。
1.「能力」による労働者管理に反対し、互いに競争しない。一人ひとり、すべての仲間のなるかどうかを、職場でつねに判断しながら行動する。
2.労働者の連帯を強め、農民、漁民などの闘いにも触れて、支援に努める。より多くの人たちと知り合い、そのきずなを世界に押し拡げていく。
3.あらゆる差別を生みだす風土を憎み、その変革を被差別者とともに目ざす。質素ななかに、健康で、創造的な生活を打立てる。
4.国家および資本の名による一切の侵略と抑圧に反対し、労働者人民が主体となる社会編成を追及する。
(1983年3月創設)
今年も咲いた曼珠沙華
曼珠沙華が咲いた。もう秋だ。
沖縄の読谷村のちびちびカマを争うバカ者がいる。どうしてこういうバカなことをするのか。理解できない。
それでKANG SANG-JUNGの「悪の力」(集英社新書)を読んだが、キリスト教的な素養のないからか、悪い心は自分すら嫌うから起きるんだ。そのくらいしか理解できなかった。

化石燃料は風前の灯報道が多い

中国も英仏の動きに連動し、化石燃料をエネルギーにする自動車の販売をやめる方向のようだ。もちろん2030年とか40年、これから20年近く先のことだが、物事は動き始めると早い。
JXTGのようなエネルギー会社にとっては経営の根幹を動揺させる。さぞ、企画部門はどういう絵を描くが大変だろうし、逆に言えば面白いに違いない。それにしても、期待の電力部門も難しい。千葉の石炭発電と川崎の東京ガス合弁のLNG発電も中止したばかり。更に追い打ちをかけるように、清水のLNG発電に誘致前向きだった静岡市長が難色の見解を出した。人口密集地への巨大発電建設には市民の反対運動もあって難しい。
なかなか石油から電力シフトとスンナリいかない。当面、ベースの石油を手堅くやっていくしかないんだろう。

昨日の小田急電車が近隣火災に巻き込まれた事故には驚いた。なぜ火災現場前に停止しないのか、あるいは突っ切らなかったのか。屋根は燃えているし、大惨事一歩手前だった。運転手は何をしているんだ!と思ったが、今日の新聞によると、消防の要請で警察が踏切の緊急停止ボタンを押したため電車が止まったという。あわてた消防の判断だが、ストップを押されても運転手が手動で避難操作できないというのも変な話だ。

腰痛がようやく治ったかな?
この1月間、腰痛で静かにしていた。ようやく治り、昨日は高尾山にハイキングした。とにかくゆっくり登った。どんどん抜かれた。
低いなら低いなりに山の花は、かわいく、きれいだ。アザミにフウロウ、ヨメナにホトトギス。秋のススキも出ていた。無理なく息長く山歩きを心掛けたい。
それにしてもすごい人でした。