形式主義者が多くて困るよね

19日、エクソンモービル・東燃ゼネラルに回答があった。1・1%と低いが、実は定昇レベルの賃上げ、一時金も昨年レベル。組合の要求した最低レベルの回答だ。ただし高年齢の高い賃金の人にはカットがきつくなる。これはすでに先週報告したとおり。

私は先のメールで述べたとおり、回答はまー良かった。ところがそう思わない人がいる。というか当社の組合幹部は右も左もみな「反対」なのだ。御用組合もだよ!そりゃー年寄りの高給取りにとって面白くないことはわかる。悪くなることにもろ手を振って良しとはいいにくい。わが組合の同志からも納得できないという声が上がる。でも考えてほしい。かなり割高の収入であって、巷では解雇・失業、そしてワークシェアリングなどといいかげんな賃下げが労使政でいわれている状況を考えるべきだろう。確かに石油本体の労働者の賃金は高かった、その認識はすべき。下がったからといってと抗議しにくいのだ。

で、どうしろというの、ストをやって高給取りの減額をやめろというの?会社はまだ今回の減収措置は足りない、目標の半分といっている。とても半端な抗議撤回させられるものではない。そりゃわかっているけど、和田、お前は割り切りすぎだとの批判。

でもさー、泣き言をいえばいいの?現実を直視し、変えられるなら提言とその行動をやるしかない。いまのところ会社回答を変える具体的な提言はないし、その行動も私には見当たらない。
スポンサーサイト
プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク