雨の小川山

30日、秩父山系の西にある小川山を登った。毎日新聞旅行の日帰り登山企画に乗ったのだが、あいにくの台風直撃。雨の中、集合地の新宿駅へ。
バスがついて歩く頃には雨がやむという主催者の判断で、決行した。

私はいつもの山仲間5人で申し込んだ。元気のいい年寄り15人がお客さんで、2人がガイド。
10時過ぎに川上村の目的地に着き、歩き始め、14時半に頂上、17時半に下山した。7時間の雨中トレッキングであった。
5・30小川山の頂上
頂上につく頃には雨がやみ、強い風ガ吹き寒くなった。結局ずっと合羽を着て歩いた。景色は何も見えない。
アズマ石楠花。
石楠花はピンクで本当にきれいだ。まだ早咲き、これからだ。秩父の山はうっそうとした森林の中を歩く。石楠花の純林があり、みんな咲いたらさぞすごいだろう。
雨は上がっても日はささず。遠く水墨画のような山並みが見える

帰りのバスではお酒を飲んでうとうとし、新宿には9時半についた。とても日帰りでやるにはきつい山であったが、雨天決行でもやってよかった。


明日はKPIの春闘団交、回答がある。KPIは石油各社の平均賃上げ・一時金を参考にする。そのため回答がこんなに遅くなる。賃上げはどこも定昇なので例年と変わりはないだろうが、一時金は減額が予想される。

話し変わって。
今年は国家試験の公害ー大気を受ける。講習会を前に予習でもと、分厚いテキストをぱらぱら見たがすぐ眠くなった。面倒なものを受験しようとしたワイ。
スポンサーサイト
プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク