足尾の山に行った

29,30と足尾の山登りに行ってきた。T君と2人で29日備前楯山に登り、国民宿舎「かじか荘」に泊まり、30日は庚申山に行った。かじか荘の温泉はアルカリで肌がぬるぬるした。

足尾銅山があった備前楯山周辺は今も荒地だ。緑化活動をやっているのだろうが、亜硫酸ガスの排ガスで地域全体が蝕まれた。その傷跡は100年たってもなくならない。
P1030517.jpg
備前楯山が背景。足尾の鉱山町跡から写した。植物が枯れ土が流れ、岩だけになって土砂崩れを起こす。

この日は暑くて半ズボン半そでで歩いた。山の裏側は緑濃く、赤ヤシオもちらほら咲いていた。

P1030521.jpg
庚申山の頂上近くから、皇海山(スカイさん)を後ろに。ひどくぼけた写真だ!

庚申山は奇岩だらけで、鎖場もかなりあって神経を使った。これはめがね岩。
庚申山のめがね岩

わたらせ渓谷鉄道は元国鉄で第3セクターになっているのだが、乗務員が一人2役やっていた。お客さんも結構いた、がんばれ。
足尾沿線は桜がきれいに咲いていた。
スポンサーサイト
プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク