川崎工場は安全の日

TG川崎工場は今日安全の日だ。
20年ほど前、硫化水素漏洩事故があり、たくさんの死傷者が出た。これを繰り返さないようにと毎年災害のあったこの日を記念している。
現在工場内は4年に1度の定期整備(TA)工事でたくさんの業者が入り、重機などですごいことになっている。製油所で最も危険なのはこの定期整備工事とその後の正常運転だ。
工事が始まってから、小さな事故が続いている。中には人身事故になりかねないものもある。それで、29日には一旦全ての作業を止め、事故撲滅に向けて従業員、業者全てで職場ごとに話し合いを持った。工期が遅れても仕方がない。安全優先のねじを巻くほうが大事と工場長の判断。そして本日の「安全の日」を迎えた。

私は午前中、KPIの組合団交で不在だった。午後、現場で作業をしていたら赤や黄色のヘルメット集団が工事現場を見て回っていた。武藤社長を含む会社幹部だ。川崎工場のTAの安全遂行を気にかけている。バスを乗る前に武藤さんとも立ち話をした。

20年前の硫化水素事故、私の思い出
この事件が起こるや、地域の労災問題を扱うNGOから、東燃(当時の会社)に申し入れをするので名を連ねろといってきた。隣のゼネラル石油の組合専従であり、その団体とは昵懇の仲。この事件に対し、同業かつ隣接会社なので、わが組合は当然応ずるものと勝手に思っていたようだ。

事故で大童のとき、申し入れをしても何かまともな返事が来るとも思わなかったし、さぞ困った状態にあるだろうことは推測できた。困った者に更に外から騒ぎを起こすだけになるし、事故には複雑な背景があるはずと、申し入れを断った。そしたらその団体の若造から非難された。
ゼネ石労組は結局のところ企業内組合で、同じ産業で起きた惨事に関心がないのだ!
スタンダード労組も昭和シェル労組も応じているのに、なぜ一緒に協力しないのか!

フンと静観した。予測されたことだが、「事故を繰り返す東燃、安全管理に問題がある」と非難しようとも、内実が分かるわけでもないし、地域の団体の申し入れなど、自己満足な批判でしかなかった。

それからその団体と、個人的には疎遠になった。詰まらん批判をされたいやな思い出だ。

KPIで春闘回答
5月最後の今日、KPIで回答が出た。午前中はこれに出た。
石油他社の回答の平均を参考にする方式なので、例年この時期となる。
賃上げが1・98%、6702円。一時金が5・59カ月-0・3カ月。マイナスは昨年の事故や業績を反映したKPI独自の査定。

今年の春闘ではスト権をたて、腕章を巻いた。隣のコスモ千葉との共同化に対しての雇用不安や労働条件切り下げを懸念したからだ。要求では、「共同化健検討に当たっては雇用維持を前提にせよ」とした。

会社の答えは、共同化事業の技術的な詰めをやっており、会社をどうするとかは何もやっていない。
それだけでは困ると組合。
最終的には、「検討段階では最大限努力する」と工場長がいい、マーそれでいいかとした。
終業時で腕章闘争をやめた。

悠YOU5月号を更新しました。組合ホームページをご覧ください。
スポンサーサイト
リンク