堺から戻ったところです

OU堺支部のOB会が昨日あって、それに参加し今日は執行委員会をやって、今戻った。

庭の皇帝ダリア、ヒヨドリに花芽を食べられ、1輪がか細く咲いた。家に帰ってまず写真を撮った。フラッシュをたいたので、前の家の方が不信そうに見ていた。ごめんなさい他意はないから
皇帝ダリア
これ3m以上、写りが悪いせいもあるが確かに貧弱だ。よくみると花の先もつつかれていた。

OB会は40人と盛会、みんな元気で何よりだ。それでも健康不良で入院で欠席なんて方もいた。
翌日の(今日)執行委員会では、2月21日に定期大会を開き、そのあとに組合創立50周年をやることにした。例年のように堺の工場の会議室でなく、京都でパーッとやる。組合がパッと散ってしまうのか、次の運動につなげられるか、そんなことはわかりゃーしない。とにかくOBも南西労組も来てもらい、半世紀どうもありがとうございます、でいく。

組合が秋闘として会社に要求書を出していた、その回答が文書で来た。
マーひどいものだ。論評にも値しない。
例えば、直雇用10年以上の者の正社員化、すぐにできないならば例えばフレックスタイム制度OKとかいろいろ条件をあげて社員並みの条件にできることをやってほしいと求めた。これは春闘でも要求した項目だった。
会社の答え・・・・・・契約社員の方は”必要な業務”を”必要な期間(短期間だけ)、”双方合意の上”の契約で就労されています・・・・・よって正規従業員と同じにする必要はないと言い切っていた。10年が短期かね!人生は長くても70,80だよ・

MOCやKPIの最近吸収した会社の労働条件整合化についても、やる意思なしとしか読めないもの。
そんなことなので、第2次高度化法への対応など寿限無寿限無、けむに巻くだけのものであった。

明日は浄化槽の清掃で、休日出勤である。
長男が北海道から戻っているが、落ち着いて話すときもない。おい、いつ結婚するんだよと言っても聞いてくれるわけでもないし、成り行きで行くしかないか。
スポンサーサイト
リンク