IKEAの巨大ショッピングセンター

日曜日、北海道から一時帰宅した息子が運転して、一家総勢で1日過ごした。三郷のIKEAのショッピングセンターには集客能力に驚き、野田のアスレチック公園で遊んだ。

イケアはスウェーデンの家具メーカー。三郷のショッピングセンターは4階建て、大きな駐車場があって、売り場は大変な人だった。ゆったりした広い展示場には家具が実際の使い方そのママに並べられ、ベッドに横になったりできる。メモ用紙に番号を書きいれる。紙のメジャーが使えるようにつるされ、寸法をはかれる。

若い家族連れが多く、そういう集客者を遊ぶ技術も長けていた。幼児を1時間遊ばせる場所、絵本を読むので集まってとの放送。食堂は広いスペースがあって、そこにカーゴにカレーやらパンなどを載せ、そのままレジに。それこそ家具を買いつつ、保養するようになっていた。

学校に行けない子どもを救おう、という資金供出もやっている。
ここは日本か、そういう感じがした。これでは日本の家具メーカーも大変だ。

生まれて半年弱の孫をだっこ
アスレチックで
野田のアスレチックは結構広くて、お客も多かった。2時間くらいがあっという間に過ぎた。前半1時間は孫をだっこして見ていた。孫2人も楽しくやっていた。

水上コースには挑んだ。水ポチャになりそうなのはやめた。職場の慰安旅行のような集団が、水に落ちて騒いでいた。


石破自民党幹事長が11月29日の自分のブログにおいて、
今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。・・・・単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまりかわらない

国の重要な進路が決められようとしているときに、我々はどうそれを意思表示したらいいか。デモをし、集会をする。議員に聞いてもらいたい、考えてもらいたいからだ。しかし、石破は一切聞こうとしない。何が問題なのか聞けばいい。その上で反論なり修正すればいい。ただただうるさいだけで、テロと変わりないと切り捨てる。反対者、気に食わない者はテロリストか!
軍事オタクが政治家面しているなと見ていたが、化けの皮がはがれた。

民主主義、国民主権、平和憲法そういう戦後秩序に背を向けた輩が天下をとった。息苦しい時代である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク