暖かい休日

今日は春のような暖かい休日だった。
大沢在昌の「新宿鮫Ⅸ 狼花」を読んで過ごした。刑事物。盗んだ物を横流しをする「市場」があって、ヒットエンドランで国境を出たりはいったりし、巧妙化する外国人犯罪。妙案として山口組を使って外交人犯罪を取り締まることを考える警察上層部が出てきて・・・・・久しぶりに新宿鮫シリーズを読んだ。8年前のもの、現実の新宿はもっと怖いことになっているのだろう。
ハムスター
夜中にならないと巣から出てこないハムスター。とても可愛らしい。部屋中を歩き、洋服を伝って高いところにも上がる。障子の桟をがりがりかじる。

労働者の使い捨て時代
冷凍食品の農薬混入事件、非正規労働者による犯行のようだ。半年毎の雇用契約の繰り返しだった。賃金や雇用不安が背景にあったという。不満があろうと食品に農薬を振り掛けるなぞ許されることではない。が、有期雇用で安上がりをやってきた会社は考え直すべきだ。

秋葉原の無差別殺傷事件も派遣労働者だった。

4割が非正規雇用となり、結婚も出来ない若者が多い。社会が再生産されない状況だ。にも関わらず、安倍政権は労働者派遣法を更に改悪し、経営側の使い勝手の良いものにしようとしている。
年収で100万、200万でかつかつに暮らす貧困労働者が1000万人いるという。お金があるときはネットカフェに、ないときはホームレスに。そういうホープレスな状態に陥ったら、社会を恨み、自爆を考える人も出てこよう。

池袋駅周辺のホームレス支援団体の「TENOHASI]に、時々カンパを送っている。そこからのお礼の手紙が来た。
年700万必要だが、福祉医療機構からの助成金300万が今年は打ち切り。財政逼迫、ご支援を、ときた。
つらいなー

組合のホームページの機関紙を1月号に更新しました。ご覧ください。
スポンサーサイト

コメント

賃金を抑えないとアジアでの競争力を失うし、高賃金化すれば、生産拠点を賃金の安い国に移転せざるを得ない。
究極の選択として、街に低賃金者を溢れさすのか、失業者を溢れさすのかということになる。

この状況戦前に似てきてませんか?

戦前は軍部の独走を許して、民意も報道もそれに飲まれてしまった
まだそこまでには全然至っていない

Re: タイトルなし

> 戦前は軍部の独走を許して、民意も報道もそれに飲まれてしまった
> まだそこまでには全然至っていない
そう私も期待しています。ただし時流は明らかに嫌なものです。

Re: タイトルなし

> 賃金を抑えないとアジアでの競争力を失うし、高賃金化すれば、生産拠点を賃金の安い国に移転せざるを得ない。
> 究極の選択として、街に低賃金者を溢れさすのか、失業者を溢れさすのかということになる。
あなたの言われることはわからないでもないが、究極の選択などと大げさに言わなくてもいいと思う。国民が安心して暮らせる社会、それをどうやって作るのか。政治の問題として行政や官僚に投げ出せばいいわけけではなく、私のような労働者・市民一人ひとりが考えないといけないんじゃないか。とにかくあっさりこれが処方箋なんてない。

理想論や机上の空論をいくら並べたところで虚しいだけ
それより現状をしっかりと認識し、変革したいのなら、そのためにどうすべきなのか、処方箋についての議論なら歓迎

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク