慌ただしかった1日

今日は午前仕事をした。
週末、休日に野良猫が本館に入り込んでいたとのこと、マズイ、極めてまずい、どうしようか。
考えるまもなくお昼になり、私はひとり組合新聞を食堂前でまいて、それで・・・・・・・そのままアクアラインの高速バスで袖ヶ浦へ。KPIの組合員が待っていてくれ車でKPIへ。会社からの重大説明があるというのが

会社発表というのは、KPIがTGの「完全」子会社になったことによる組織名称のTG統一化であり、さして大きな問題ではなかった。

夜は、東京に戻った。
知り合いの組合から誘われた会合へ。そのあとに参加者で懇親をした。居酒屋で隣になったご婦人は何かエキセントリックな物言い、警戒をしていた。が、聞き捨てならないことを言っていた。
都知事選で細川を支持するやからは裏切り者!!!いかに温和な私でも、ちょっとあんた、何を言ってるの、である。

彼女は鬼を見るようにして怒っていた。小泉=新自由主義を支持するとは何よ・・・何よ!
貴方の考えは勝手だけど、都知事選で今の政治の流れを変えたい、それはだめなの?裏切りなの?
宇都宮さんで勝てるの・
と、私・・・・・彼女「勝てない」・・・・・だったら勝てる候補を押すでしょう、と私。
そしたら彼女氏「でも(細川は)負けたじゃない」

私の酔も醒めたし、私と彼女のやり取りを聞いていた周囲の方々も「もう帰ろう」か。
久しぶりに宗教的なというか、頑固な左翼を見た。百田のゼロ小説に国民が涙する時代。平和を、憲法9条守れというのがせせら笑われる今日日、我々は断崖のようなところにいるのに、小泉・細川を支持するやからは裏切りだ、なんて言っているようではどうにもならない。
夜の風は冷たかった。

家に帰ったら、今日引っ越してきた娘夫婦は疲れたのか眠っていた。
頑固な孫娘は、お母さん以外に抱かれ、泣き続けていたようだ。さぞ疲れただろう。



スポンサーサイト

コメント

和田さんも酒場での他人の主張に首を突っ込むなんて若いですねえ。私はこれまで格差社会の元凶として小泉竹中批判を繰り返してきた人たち(和田さん自身も含まれてるかと)が、反原発の政策一つで雪崩を打ってなびくと思う方がどうかしてるかと思いますね。この人たちが宇都宮氏の力を入れてきたブラック企業撲滅と雇用の改善や、社会福祉の大幅な充実に共感し、原発一本の細川氏よりも宇都宮氏の方を支持するのは寧ろ当然だと思いますよ。確か和田さんは前回の都知事選で宇都宮氏を支持していましたよね。そんなに激怒するのもどうかと思いますがね。

勝ちたかったね。雪崩打つ右傾政局に何とかしたい。そのために小異というか大異かはともかく、手をつなぐ、それができないことに残念。

小泉に頼らなければ団結できないとは何とも情けない

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク