残業になっちゃった

定時で帰るつもりが残業になった。
ある職場の浄水器を取替えに行った。浄水器を取り替えたいが、コックが閉まらない。どうにかしてよと要請があった。

業者が、コック弁をしめ、蛇口からの水が止まったことを確認し、その上で取り外したのだが、黄色い錆だらけの水が噴出した。コックが半開きだった。あわてて閉めようとしても錆が固着してだめ、そのあいだにもあふれる水。
コックを更に開放して錆を流し、閉めたら止まった。私はというと、その間、水を吸着する紙や布をおき、建屋屋上の元弁を閉めて回った。

コックが閉まってから2人で床にたまった黄色い水を吸い取った。錆でコックがしまるなんて予想もしなかったが、ひどい配管錆だ。蛇口ごとの浄水器では無理・無駄。どうしたものか。宿題をもらっての残業だ。

地雷原を歩くつもり
私は組合運動を広げたいがためにこのブログを始めたし、今このようにやっている。その成果は今のところなし。
ただし、ある筋には公式では流れない社内情報をつかめ、重宝らしい。それで会社経営者にとっては、目の上のたんこぶでしかなく、しっかり監視されている。
私が取捨選択して伝送できればいいのだが、そういうわけには行かない。
でもね・・・・願いますのは、「ガンバレ」石油労働者に読んでほしいんであって、「関係ない人」は読まないでくれるとありがたい。

工場の門をはいると憲法は停止し、民主主義はなくなり、工場の秩序維持が全面に出る。それを何とか切り崩そうとするのが労働組合なんだが非力というか弱い。とはいえ当然ながら私にも企業内共同体の一員としての配慮はある。だから注意して書く。さながら地雷原を歩くようなもの。しかし、時に思わず踏んでしまう。これがやばい。

表現させない不自由との戦い
俺の首を掻っ切ろうと構えている。怖い
暗視灯を備え、これまでよりも更にさらに臆病に、這いずっていく


柏の友人に電話をした。
深夜の殺人事件の現場は2キロくらい離れている。こんなことで柏が有名になるなんていやだよね。わけのわからない事件が最近は多くて怖いね、なんて話をし、下旬に菅平のスキーを決めた。

さ、今日も会社へ出勤だ。

スポンサーサイト

コメント

私は一石油労働者として、和田さんを応援しています。
会社に睨まれないギリギリの線でこれからも貴重な情報、お願いします。
ここを読めなくなるなんて、北朝鮮の抑圧され、情報統制された人民になってしまいますよ。

和田さん頑張れ!

和田さん、
負けるな石油労働者!負けるな和田さん!
正義は、勝ちます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク