足柄は川津桜が満開だった

小田急新宿駅を朝の6時51分に乗って、新松田へ。そこからバスで登山コースへ。道々、川津桜が満開だ。菜の花も咲き、もう春である。
ハイカーは女性4人に、男は私ひとり。高松山801メートルへ。とにかくアップダウンが多い山旅立った。6時間歩いた。疲れたが、悶々とする気持ちはスーとした。
高松山
広い頂上を芝生が覆う高松山。昼飯を食っている内に冷気がやってきて、そそくさと歩き始めた。
途中、大雪で折れたみかんの木についた蜜柑をとって食べた。しなびていたが、すっぱくておいしかった。
下山してバス待ちのあいだに、蕗の薹があったのでつんで持ち帰った。

焦ってはいけない
金曜日、朝仕事始めのとき食堂から緊急電話。炊飯のブレーカーが落ちるた。
厨房の保守は私の業務範囲だ。前日にラーメン茹で器の排水ラインを直したばかり。とにかく器具の故障は多い。だからその電話を受けたら、炊飯器が漏電を起こしたとまず思った。昼飯が出せない事態を懸念し、補修業者に緊急対応を頼もうと思った。慌てている私を見ていた同僚から、「和田さんブレーカーが落ちたというなら電気を疑うべき」と助言された。

はたと気づき、電気保全に調査を依頼し、すぐ動いてくれた。昼飯のご飯には仮配線で対応し、昼飯後、本格調査。結論的に言うと、炊飯器と照明、換気扇などが複合したコンセントで、換気扇がショートしていた。

炊飯器の故障で進めていたらとんでもないことになった。
物事を判断するには多角的に見なくてはいけない。己一人では狭い経験しかないし、思い込みもある。経験者の知恵を受けること。少し利口になった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク