ホワイトカラーエグゼンプション

安倍政権のもと、労働規制が加速している。雇用特区、地元就労の準社員、派遣法の更なる自由化、そして今朝の新聞にはホワイトカラーエグゼンプションの動き。ホワイトカラーには労働時間規制が不要、成果で判断するという。過労死増加間違いなしだ。
規制緩和の首相お手盛りの座談会では、竹中平蔵をはじめとする規制緩和論者が好き勝手なことを言っている。労働者保護の観点を全く持たない連中だ。雇用労働政策審議会の会議では、パソナなど人材派遣業者がオブザーバーで出席し、彼らが8割がたしゃべっていたという。

今日の仕事帰り、日比谷図書館の集会所で「許すな派遣法大改悪 学習決起集会」に参加した。
安倍政権支持が6割、国会の勢力比からしても奴は何でもできる。労働者の貧困を更に進める派遣法の改悪などの規制緩和に対し、実効ある大衆運動を我々は何もできていない。このままいくと大変なことになる、何とかしようと学習会。

現場生産工場の派遣法労働者がリーマンショックで生産ストップになり、即契約解除された。アパートも追い出され、大量のホームレスがでた。年末には日比谷公園の炊き出しも。あの教訓から規制強化のベクトルで来たのに、今度の改正は更に「自由に」。流れは変わった。どうしたらこの逆流を戻せるか。
難しいなと目を瞑っていたら居眠りしていた。

ユニオンなどからの報告
女性が派遣では産休もなく、子どもを生めない。少子化が改善されるわけがない
佐川急便では夜7時~朝7時、ペルー人が社会保険なし、有休なしで働かせられている。労災で今裁判をやっている
農協労組では有期契約をせめて無期契約に、派遣も慶弔を同じ扱いに、など要求し変えている
JALでは客室乗務員を派遣労働者に変える動きがある。


地下鉄・丸の内線とは池袋と新宿を結ぶのだが、途中ずっと南下し東京駅を通っている。地図を理解しないととんでもなく無駄をする。
昨日はOU組合代表者変更で法務局に呼び出しがあって行った。終わって池袋に帰る。麻布十番で南北線に乗り、四谷で丸の内線に乗り換えたら、それからが大変。20分ほどロスをした。
今日は日比谷図書館なので、三田線に乗った。大手町で丸の内線に乗り換えたのが失敗。400㍍も歩かされた。

聞いた話
コスモ石油の坂出製油所が閉鎖され、従業員300人のうち200人は転勤した。その多くが単身赴任だ。いずれ坂出はターミナルとなるので、最終的に残る人は少ない。
社員がそうなら関連労働者はどうなったんだろう。少なくとも200人くらいいるだろう。需要減退の中、どこの石油会社も同じく過剰設備問題を抱えている。

スポンサーサイト

コメント

コスモ坂出の件は他人事ではないです。
業界として、産業別に組合を一致できればいいですね

>コスモ石油の坂出製油所が閉鎖され、従業員300人のうち200人は転勤した。その多くが単身赴任だ

コスモも簡単に首には出来ないでしょうがコスモは退職者への割り増し金などは無かったのでしょうか?何百人も余剰な雇用をすれば企業は負担増となりますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク