リンジャニ山から戻りました

インドネシアのロンボク島の山歩きで、長期休暇をした。7泊8日の旅行から昨日帰り、今日は出勤。早帰りしたかったが、それどころか残業をし、あげくに首都高の事故の影響で工場前の国道は大渋滞で、小島新田まで歩いたので普通より遅帰りになった。

さー、リンジャニ山3726mの登頂記です。
デンパサール空港、ロンボクへ
2日、隣の島であるバリ島のデンパサール空港からロンボクへ。予定時間よりも2時間遅れで出発した。KLではビールを探すのが大変だったが、バリの空港にはあった。
1日目登り、暑さでへろへろ
登山口に近いホテルに着いたのはもう11時過ぎ。道路はバイクだらけ、その中を車が走る。ぶつからないかと、怖くて怖くて~。

1日目は2700mくらいまで登るのだが、まずは草地を歩く。陽光強く、ばてる。休む場所にはビニール、生ゴミ散乱。それをお猿さんが食べていた。
1日目,ようやくテント地に
朝9時から歩いて5時に野営テントに。写真を見るとリラックスしているが、もう本当ばてばて。後方が明日登るピークだ。とにかくへばった。朝早く、登頂前
ズルズルと登っては滑る、そんな登山。陽の出、リンジャニ山の影が後ろに幻想的に見えた。

ギンジャニ山頂上
登り3時間とガイドからは言われたが、5時間かかった。案内書に2歩歩いて1歩下がるとあったが、ズルズル、本当だった。火山礫がゴロゴロあって、冨士山とは違って登山道は1本しかなくまっすぐ伸びる。上りづらいことおびただしい。頂上ではジャカルタの大学生が卒業記念で祝っていた。

眠くなったので、明日続きを書く。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク