労使フォーラム

きのうの労使フォーラムは終わりが印象的だった。
閉会をして労使挨拶を交わし、それから社長がこらえきれずにという形で話した。
「CSR(企業の社会的責任)について、組合から見れば問題点があると思うが、そのことについて指摘なかったことについては」・・・不満だったとの趣旨だった。
アチャー、私がいわなかったことへの指摘である。なぜお前さん質問も意見もしなかったのか、との叱責だとすぐに分かった。

事前の会社への質問項目に、この関係で以下のことを提出していた。
①MOCM(三井石油)とKPI吸収後の労働条件整合化について、
②非正規の直雇用労働者は本採用にすべきだ、
③定年再雇用者がそのままライン管理職ににいる例があるが、これはいいのか

同フォーラムでは会社にいくつか批判、憎まれ口をたたいたし、更に上記問題ありと言うのは止めておこうと思った次第。いやいはや「切り込み隊長」としては、社長にナンダ!といわれ、情けない。穴に入りたい思いだ。

会議は昨日13時半、品川の会社近くの会場で開かれた。私は11時半に川崎工場を出る予定でいたが、なぜか1時間早くの10時半に離籍した。遅れるといけないとの強迫観念が早まらせたのだろう。1時間、会場で待ちぼうけをした。

フォーラムでは多数組合が主導して多く質問をし、経営側がそれに答える。
私が質問し、意見を述べたのは大体が会社の説明に対し、以下のように悲観的な物言いになった。
・今年の1Qで1000億円の赤字を業界が垂れ流した。その間、ぼけっと何をしていたのか
・需要減、利益薄のなか、TGは4工場体制を維持できるのか/シェール革命でエチレン製造は維持できるのか、
・借金を増やしているのに、高額配当38円をいつまで続けるつもりか
・千葉での協業ではコスモの借金もおっかぶされないのか

職場で聞く話も交え、私流に話した。きれいごとというか希望的な発言をされて、それでフンフンと納得するほどおぼこいわけではない。いずれにしろ、会社、業界が極めてきつい状況にあるのは良く分かった。

1時半から5時の会議。初出場のKPI支部委員長の武澤君は、コスモとの協業について初めに質問をした。
処遇の変更など、何も考えていないとの見解を聞いて安心していた。そのあと、私は上記のような質問をしたので、あまり少数組合OUとしてしゃしゃり出てはいけないと自制した。
非正規の直雇用労働者の扱いはおかしいじゃないか、身分違いというのは不公平不条理だ・・・・と指摘するのは何となく臆してしまった。別の場で労務とやればいいか

とは言い訳。言うべきときに言わず・・・同僚の非正規の皆さんの代弁をせずに、ごめんなさい。
スポンサーサイト

コメント

社長の指摘されたCSRの問題点って何ですかね?
この会社に足りないのはどのポイントだというのでしょうか?
組合が言及できなかったのはそんなに恥ずべきことなんでしようか?
和田さんの文章にしては、明快ではないので、是非お答えいただきたいですね。

和田さん、しっかり主張してくださいよ!
少数でもバックには組合員がいるんですから!
頑張れ石油労働者!負けるな石油労働者

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク