ひどい半期決算だ

本日、TGは半期(1月~6月)の決算修正をした。営業利益でゼロからマイナス164億円に。
1月~3月の第1四半期の営業利益-136億円に更に28億円損を増やしたことになる。発表では在庫損35億円があったというが、つまり4月以降のガソリン価格の適正値上げも決算に反映しなかったということだ。輸出に頼った弊害というか、かなりきつい。

同じ日に「電力事業部」発足の知らせも出た。石油だけではジリ貧なので当然の判断だろう。

堺工場でスタンダード自主労組がまいたビラには、硫黄流出事件を追求し堺消防局に情報公開を求めた記事が載っていた。出来事自体ははっきりしているのに、会社の失態・揚げ足をとりたいのだろう。粘り強い姿勢にはただただ感心する。

組合新聞悠YOU7月号をホームページに更新しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク