海猿は防衛省の小間使か

昨夕、国交省前の抗議行動に行った。
海上保安庁第11管区が、沖縄の辺野古で抗議するカヌーや漁船に対し極めて暴力的で無法な行為をしている。海難救助が本来の目的なのにやっていることは海の警察官であり、防衛省の進める基地建設の防衛隊だ。

集会前に代表が申し入れをした。海保側はシラを切って、暴力対応はしていないと言い募ったとのこと。写真や地元紙を突きつけられて言ったのは18条1号が根拠。しかし、過去にこの法律条文で抗議船取締をしたのは国際会議近くでのカヌーを取り締まったとかの2件のみ。辺野古の場合は沖合2000メートルまで工事区間のブイを勝手に張って、かつその外にいる船さえ拘束している。カヌーの船員の顔を水に浸け、首を絞め、浜に曳行する。それが海難救助といえるのか。ブイの内側ではアメリカ人がスノーケルでサンゴを楽しんでいるというのに

11管区は尖閣列島防衛で戦闘モード、そして背景に沖縄人差別がある。だから海上保安庁がこれまでやっていなかった海の警察・公安を買って出ている。彼らにとって沖縄・南西諸島は臨戦態勢。基地建設反対など利敵行為としか見ていない。公務員のまっとうな感覚ではないのではないか。

辺野古ではこういう弾圧にめげず連日海と陸で戦いが続いている。海保のやりすぎ批判も強まっている。沖縄県民の8割が辺野古新基地建設に反対だ。台船上陸しての調査活動阻止もあと少しという。

東京でやれることといえば、海保や防衛省抗議くらい。昨日はたまたま見たビラで行った。
18日~20日にかけて南西労組の大会激励に合わせ辺野古に行ってくる。困ったのは帰る日の20日午後から県民大集会があること。それに参加するかどうか今考えている。

1日中。風邪・下痢で力が入らず。近くの国会周辺の反原発金曜行動には、ごめんした。



スポンサーサイト

コメント

海保は当然海の警察であるし、海猿達もそれを誇りに思ってるよ
何か勘違いしてるんじゃないの?
辺野古に移転しなかったら、普天間のまま
あんな危ない所に基地があっていいわけがない

私は某損害保険会社で、やはり組合の事務局長をしていましたが、組合員の本音を聞き出す場として、飲み食いは必要だとよく理解していますから、非難する方もこのコラムにはいるも、和田さん、気にしないで、とにかく組合員や関連者の意見を吸い上げてください。
組合員から組合費を徴収してるんだから、還元してあげることも大切。
お金や飲み会は、きっちり、会計報告をクリアしてるはずだから、問題ないはずです!
頑張って、和田さん!
でも、深酒は気を付けてね、若くないんだから(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク