台風一過

昨日は台風で大変だった。前日に緊急連絡があり、電車が動かなかったら無理せず、動き始めてから来ればいいということだ。だから6日当日はある意味でのんびりしていたのだがどっこい、テレビでは出勤時間の6時頃、通勤電車はほぼ正常。それで普通より少し早く家を出た。そして、会社の通勤バスでいつもの時間に工場についた。

さてそれからが大変。午前中は大雨が続いた。本館前は池のようになるし、雨漏りしていると連絡が来る。排水路の枯葉や土をとったり、あるいは雨漏りの箇所を見たりと一日中あわただしかった。台風が昼過ぎに通過したら排水もよくなった。さすがに1日が終わったら、「あー疲れた」だった。

家に帰ると、1歳の孫が溶連菌にかかったとかでこれまた大変。休園さえなくてはいけない。面倒を見るのは誰か、家族会議だ。何で孫の世話をしなくちゃいけないんだとは思うが、娘が「明日休むから」と簡単に言えない職場なのも確も。まー融通を聞かせて応援するしかない。

話変わって
1、香港の占拠が話し合いで解決する感じになっている。是非そうなってほしい。

2、このブログへの最近のコメントは、ある種、謀略的な感じがする。高度化法第2弾で、堺が危ないと発信が続く。
堺か和歌山か、どちらかが危ない。椅子取りゲームの様相にあることは確かだ。そういう中で「堺危機論」がコメントに繰り返される。大した根拠があるわけではなく、「役工場への出入りがここにきて激しい」、とか「業界筋では堺閉鎖を当然視」「今は執行役員になっている工場長がフォーラムで2017年まで堺は安泰といった・・・つまりそれ以降、今とは違うということだった、もう以前から決めていたんだ」など。
堺のOU組合員に聞いても、堺が危ないと従業員が心配しているわけではなさそうだ。
率直な堺の従業員の心配というよりも、何らかの意図を持ったコメントが続いているとみるのが自然だ。
スポンサーサイト

コメント

和田さんの組合員とはだいぶ温度差があるようですね、個人レベルで心配している人達は色んな情報を自分のテリトリの範囲から収集していますよ、堺のOU組合員の情報収集力がどれほどあるのかは知りえませんが

いや、和田さん、和歌山、堺の閉鎖云々については、何にも情報がないからこそ、皆が内心不安になり、あれこれ噂するではないでしょうか?
コスモ坂出や出光室蘭が閉鎖していく事実を目の当たりにしていると、不安になるのは事実です。
もちろん社員は配置転換や好条件の早期退職が提示されるでしょうが、地元の影響や空き地の問題やら大変ですし、関係者も多いし

和田事務局長殿

随分呑気なコメントですね。
労働意欲、安全へのモチベーションさらにさがるな。  
でもガンバしますわ。
もっと色々な情報期待してます。頑張ってください。

残念!日本国民のノーベル平和賞受賞逃した。

残念!日本国民のノーベル平和賞受賞逃した。憲法9条を基本とした日本国民に対するノーベル平和賞授与がなされなかった。残念である。受賞されたら誰が行き、Speechを述べたであろうか。マララさんの受賞は嬉しいが、来年こそ。

Re: タイトルなし

> 和田さんの組合員とはだいぶ温度差があるようですね、個人レベルで心配している人達は色んな情報を自分のテリトリの範囲から収集していますよ、堺のOU組合員の情報収集力がどれほどあるのかは知りえませんが

残念ながらあなたの指摘は正しいようです。
私の情報収集能力が衰えていることに心底がっかりしています。
6月の労使フォーラムで、4工場体制は無理ではないかとの組合質問に対し、社長は「赤字垂れ流しの工場は存立できない」といったし、経済常識が働く会社と思っていました。
そうすると堺工場の整理縮小などは考えられないわけで、このブログへのコメントで堺閉鎖論がいくつかあることには斜視・否定的に見ていました。
OUの堺組合員からも、その種の不安情報は何も来ません。あえて堺にも「大丈夫なのか」と確認しました。
何も聞こえないぞ・・・・・それが返事でした。

そうはいっても本当にガセネタなのかのいくつかのルートで聞きました。社内的には、その種「堺が売られる」話は以前からあるので、その程度でしょう、ということでした。
ところが業界外部からの話は違った、どうも私の社内常識というか思い込みは吹っ飛んだ。

製油所の縮小合理化について、堺のジョイント話は千葉の前からあって、千葉が終われば次は堺。千葉ではコスモがかなり出血する側なので、堺ではその返しをするのは当然でしょうね、という。そんな話も知らないのかという感じでした。TGのAPSを閉じいくつかの設備を動かすのか、それとも出荷設備にするのか????

堺工場からのC重油をコスモのコーカーで処理すれば、川崎工場の残油処理を東亜のコーカーに委託処理と同じようにできる。そうすると場所がなくて新設備を作れない堺の弱点は解決されるとは思っていましたが、しかし・・・・・・・・・千葉の借りを堺で返す、そういうことまでは私の想像力が及びませんでした。

エネルギー効率良し、消費地に近い、堺工場を縮小するような判断をよもやTG経営者がするとはとても思えませんが、これは魑魅魍魎というところです。
「火のないところに煙は立たない」。
OU組合としては、これから堺工場の閉鎖・縮小計画あり、と舵を切らざるをえないでしょう。会社は何を考えているのかわからない、そういう不信を、残念ながら表明しないといけないでしょう。

Re: タイトルなし

> いや、和田さん、和歌山、堺の閉鎖云々については、何にも情報がないからこそ、皆が内心不安になり、あれこれ噂するではないでしょうか?
> コスモ坂出や出光室蘭が閉鎖していく事実を目の当たりにしていると、不安になるのは事実です。
> もちろん社員は配置転換や好条件の早期退職が提示されるでしょうが、地元の影響や空き地の問題やら大変ですし、関係者も多いし

そうですね、どうしたら皆の意見を反映できるか。そしてそのための戦いができるのか考えないといけません。微力につき助言・助勢よろしく。

Re: タイトルなし

> 和田事務局長殿
>
> 随分呑気なコメントですね。
> 労働意欲、安全へのモチベーションさらにさがるな。  
> でもガンバしますわ。
> もっと色々な情報期待してます。頑張ってください。
私はドラえもんの知識袋があるわけではありません。申し訳ないがアンテナが引くなっていることは否めません。

Re: 残念!日本国民のノーベル平和賞受賞逃した。

> 残念!日本国民のノーベル平和賞受賞逃した。憲法9条を基本とした日本国民に対するノーベル平和賞授与がなされなかった。残念である。受賞されたら誰が行き、Speechを述べたであろうか。マララさんの受賞は嬉しいが、来年こそ。

伊藤さん、私は佐藤首相がノーベル平和賞を受け、オバマ米大統領が受賞したのをみているわけで、全然「憲法9条」の平和賞に期待していません。ブラックユーモアとはいいませんが、あまりにも現実が違うことに恥を感じます。
9条の原理とは異なり、ずっと日本はアメリカの戦争に関与してきました。今、日米安保はNATOと同じレベルになろうとしています。第二次大戦の惨劇を繰り返さない、そういう反戦・非戦の9条ですが、今はその思いは忘れられてしまったということでしょう。憲法9条が国民に根付いたのか、どうなんだろう?
私はノーベル賞受賞なんかに期待するのではなく、安倍政権を倒せ、でしょう。

基本的には、安倍政権を引き下ろすことです。

基本的には、安倍極右政権を引き下ろすことです。わたくしども年金生活者、並びにTGグループで働かれている方に、円安株高、物価高が、役立ちますか。一部の高額所得者が、アホノミクスの恩恵を得ているだけです。
経済学者の伊東 光晴さんの書かれた「アベノミクス批判・・・アベノミクス四本の矢を折る」を是非、お読み下さい。

 要点は2つ。コスモ堺、TG堺、TG和歌山のどれか一つは閉鎖せざるを得ない状況にあり、一つ閉鎖すれば収拾がつきそうなこと。もうひとつは、コスモ堺は最新鋭分解設備をもち、どう見てもTG堺も和歌山もかなわないということです。つまり、コスモ堺とTG堺の対立は、はじめから成立しない。 コスモにしてみたら、コスモ堺が有利に残ることだけが課題でしょうから、問題の本質は、TG堺とTG和歌山の椅子取りゲ-ムということでしょう。さらに言えば、コスモ堺をより有効に生かすという意味で、TG堺はTG和歌山より有利という、昨日までの和田さんの考え方は、私には依然として説得力がある様に思います。
 
 とはいえ、短期間に和田さんの考え方を翻させた業界外部の情報源なるものは、和田さんにとっては相当信頼性があるものなのでしょうね。
 

コスモとは、千葉閉鎖で貸しを作ったわけだから、ギブアンドテイクで当然堺では返さないといけないわけだ。
そんなのはビジネスやってる者にとっては自明の理。
堺の統合は経産省も推進させたくてしょうがない施策なんだから、どう考えてもTG堺は詰んでるよ。

10.12.20.01に書き込みした者です。その書き込みの通り、経済合理性から見れば、コスモ堺とTG堺の組み合わせが本命と思います。しかし、その場合は両製油所統合化はコスモ主導になるでしょう。TG経営者、上部層にとってはこれは面白くないシナリオでしょうから、和歌山を残して独自性を確保しようと思うかもしれません。一方、TG堺の従業員は、もし堺が工場閉鎖を免れたとしても、コスモ主導の運営下で、何かと不利益を蒙ることになるかもしれません。いづれにしても、大変なことが起きそうですね。組合も従業員も、情報を集め。深く考え。作戦を練り。合意をとり。いざとなれば戦う覚悟を持たなければ、という時機だと思います。

詰んでる、なんてお里の知れる言葉づかいですね。ギブアンドテ-クだろうが何だろうが、残念ながら堺統合を軸に西の製油所が再編成されざるを得ないのは誰でもわかる話。このブログがTG堺従業員を主力とした組合の事務局長のものであることを考えれば、雇用と待遇という観点から言って、堺統合(+ 和歌山閉鎖?)でどこまでTG堺を残すのか、出荷基地化なのか、それとも全面閉鎖なのか、そういった点の方がはるかに重要、ということです。

↑さすがに堺と和歌山両方はないぜよ

和歌山は最近T/Aが終わったところですよね、そうすれば後2年は稼動するのか?堺は2015年T/A予定ですがT/Aの年は赤字でしょうから、その後の2年が堺が+利益確保できる想定ならT/Aは実施されるのでしょうが、そうでない場合はT/A中止?ってことはありえないんでしょうかね、年明け早々に何らかの動きがあるのではないでしょうか?METIがわざわざ工場へ出向いていることを見ると詰めた話を工場のトップから説明を具体的に聞いているんではないでしょうか、良い話があるならもっと情報開示するでしょうから、それにKPIの執行役員が工場長に来たのも何かの意図的なものではないでしょうか?と勘ぐってしまいますが、往々にして面倒なことは力関係で下へ下へと行きますからね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

和田さんの見通しは甘いよ。人生には3つの坂があります。上り坂、下り坂、そして、まさか!です。
このまさか!のために組合があります。
組合役員は自分だけのアンテナでは限界あるから、平組合員の声を聞いたり、他業界組合と連携し、情報を入手するために組合費を使える立場にあります。
和田さん、堺だけが助かれば良いという考えではなく、大所高所から適切な発言頼みますよ。
我々ブログ読者は和田さんを応援してますから

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク