猫の楽園、困ったものだ

昨日あったところにまた今日も。猫のドライフードがビニール袋に山となっていた。
猫の糞尿被害に対し、川崎工場の庶務担当として、防衛的にいろいろやってきた。まずは従業員にお願い=猫に餌を与えないでくださいとのポスター貼り。それから、超音波を出す機械を自動ドア前に置いたり、猫が嫌いな臭い粉をまいた。月1回の安全衛生委員会でも「お願い」の繰り返し。

いろいろやってはいる。でも、そんなことは頓着しない猫愛好家が餌をこっそり与え続けている。夕方には食堂下の通路には猫が10匹ほどたむろする。暗闇に紛れて、餌を与えるものが来るのだろう。
今は猫の恋の季節。フギャー、フギャーと勤務時間、悩ましい声がする。1月もしないうちにまたまた子猫が、かわいらしい子猫が出てくるだろう。それこそ監視カメラを付けざるをえない。

現在は野良猫を殺してはいけないとのこと。それなら餌がなくなればいなくなることを期待するしかない。
スチーム配管近くで丸々太った猫が居眠りしているが、なぜネズミは殺鼠剤で殺すのに、猫は処分できないの?
クジラを聖獣化する欧米文化のおかしな日本版化なと思えてしかたがない。

迷惑を考えずに、こっそりえさを与える奴らは許せない。そしてこんなことにも工場一丸になれないのが情けない。

仕事の話
大便をした後のシャワートイレがスタートするけど止まらない。何とかしてくれというので業者に頼んだ。
「和田さん、操作するリモコンに電池が切れていました」。
ナニ、それだけにのことなの

支給されているPHSがあまり工場内で使えないので、机から離れる時には私用の携帯電話をもって連絡ができるようにしている。今日は金曜日。会社の帰宅バスに乗って気づいた。携帯を作業服に忘れてしまった。週末、緊急の電話をしたかった方がいたら・・・・・・どうしよう。
スポンサーサイト

コメント

消費税upの判断は、仕方無いとは思うが、揮発油税〈ガソリン税、原油税〉などの二重課税は、何とかしないといけないだろう。この問題は、我が石油産業にとって最大の問題である。
但し、原発反対デモのような二重課税反対デモは、あまりニュースになってない。
和田さんは、この問題は興味無いんだろうなぁ~
政治的批判発言は多いが何かアクションおこしてるのかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク