パリ、戦争の予感

今朝の東京新聞に、第2次大戦中にあったボルネオ北東のサンダカン収容所の虐殺事件が載っていた。
ここに捕らわれた豪英軍人の2500人ほとんどが死んだ、という。土木作業でこき使われて、たくさん死んだ。日本が負け戦になっていく中で、ジャングルを荷物を背負わされ260㎞も、食うものもなく死の行進をさせられ、1000人中生き残ったのは脱走した6人だけだった。オーストラリアの戦争記念館にはサンダカンで死んだ1787人の顔写真がある。

ビルマへの泰緬鉄道建設で捕虜やアジア人を労力として使い、多くの犠牲(1万2千)を強いたことは知っていたが、サンダカン収容所のことは知らなかった。生き残った被害者が少なく、収容所側の責任者が戦犯死刑となったため、歴史の表面に出てこなかった。オーストラリアでは反日の記憶としてあっても、それが加害国の我々には伝わらなかった。
ユダヤ人を600万殺したドイツナチスでの連合軍捕虜死亡率は5%だった、一方日本にとらわれたオーストラリア兵では22,000人の内1/3以上の8,000人が死亡したという。

戦争は人間を悪魔にする。日本が70年前に負けた戦争では特にひどいことをした。
南京をはじめとした中国での三光作戦、インパールやガダルカナルでは飢えと病気で兵を殺した、一方で東京空襲や原爆投下、ソ連に抑留された日本軍人・・・・・。しかし2度の世界戦争を経ても、相変わらず血なまぐさいできごとが多い。
フランスでのテロ事件はさらにその広がりを予感させる。過去から現在も続くフランス帝国主義とそれに随伴する国民。テロへの怒りは当然だが、歴史への無反省・無自覚がイスラム過激派を挑発したことへの居直り=「表現の自由」で最大公約数になった。今後、アルジェリア系の人たちがひどい目にあう。人種差別者の攻撃とそれへの抵抗がらせん的に激化する。いわば文明の対立化していくことだろう。
左派系紙の「リベラシオン」社が社屋を挑発者に貸し、全面的に支援しているようだが、そういえばアルジェリア独立戦争の時の政権はドゴールではなく、社会党だった。今度の大統領も社会党だ。あそこの左翼は植民地問題を全く克服していない感じがする。

17日午後、赤い衣服で女性たちが国会を包囲する。戦争をするな、と。私は残念ながら歌舞伎公演を予約していた。

寝すぎて腰が痛い
昨日、今日と2日休んだ。風邪だと思う。不眠症かなと思うほど眠りが浅く、眠いなーと昨朝、ズボンをはいたら何かバランスが狂っている。熱も咳もないのだが、体調すぐれずと即刻休みとした。横になって本を読んだり、眠った。夕方には保育園に孫を迎えに行った。下痢便なので医者の診断をしてもらうようにいわれ、あわててそのまま病院に。
夕方には知り合いと池袋で飲んだ。1時間もしないうちに悪寒がしたので、早めに散会した。

昨夜、汗をかいて寝たので体調はよくなったが、まどろんで目を覚ましたらいつもの出勤時間より1時間遅かった。それで休んだ。
結局は、孫の診察を私が連れていき、保育園を休ませた孫の世話をして1日が終わった。寝過ぎで腰がかったるいのに、9キロの子熊みたいなのをだっこし、ぎっくり腰になったかな、と嫌な感じがする。

石油のこと
JXと出光は同じグループとみていたが、今度のシェル買収報道をみるとそんな単純なものではない。出光は徳山を閉鎖し、西日本ではJXの製油所・ターミナルから出荷をしているわけだが、どうも自社からの出荷のように好きにできなくなりそれが背景にあるようだ。もっといえば業界ナンバーワンJXの専横ぶりに業を煮やしたということか。

ロイヤルダッチシェルはエクソンモービル同様、日本での商売からの撤退を決めている。ただし、だからといって昭和シェルをTOB公開買い付けで出光が買うのか?製油所の配置から買収すれば確かにいいが、5000億円かけて決断できるだろうか?昭和シェルの株主総会が3月なのでその前の2月初めまでに何らかの動きになろう。

TG社長が静岡県知事に、LNG火災建設に向けての表敬訪問をした。ただし、静岡新聞の報道による限りはパートナー不明。静岡ガス?中部電力?いずれにしろ単独では無理だろう。
スポンサーサイト

コメント

昭和シェルはTGの様に馬鹿なMBOはしない。出光は買収後バックになるサウジに一部売るのでは・・。兎に角、TGとの違いは、両社経営陣とも自分達の保身より会社の将来を考えていると見える。静岡県のLNG火力発電?随分昔の話。新しいアイデアは出せないのか?本気で考えなければTGの明日はない!

LNG火発は何も具体的なこと発表できない段階で知事に表敬訪問っすか
環境アセス、お手柔らかにってとこかな
あの知事、学者上がりで一見物腰柔らかだけど、物凄い硬骨漢だからね

新たに発電事業を始めるようですが、過去のIPPに関する記事が載っていましたが、IPPの環境基準をクリアー出来ないことを親会社から内部告発していた様ですね、子会社の投資を止めさせる為に内部告発するとは、これって普通の事なんですかね?その後莫大な違約金を子会社に払わして終了となりましたが・・・

Re: タイトルなし

> 新たに発電事業を始めるようですが、過去のIPPに関する記事が載っていましたが、IPPの環境基準をクリアー出来ないことを親会社から内部告発していた様ですね、子会社の投資を止めさせる為に内部告発するとは、これって普通の事なんですかね?その後莫大な違約金を子会社に払わして終了となりましたが・・・
雑誌「選択」1月号の記事ですね。
もう20年くらい前ですか、当時ゼネラル石油はプラントをつぶした跡地にアスファルトのような残渣油で大きな発電計画をやっていましたよ。川崎市のアセスも通り、減衰状態の石油と別のもうけとしてみんな期待していましたが、結果は親会社のエクソンの横やりでつぶされました。関係者の処分もあったようです。今となっては昔のことです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク