出光の昭和シェル買収報道は何だったのか

出光が昭和シェルを買収する、という報道(12月20日)があって
全石油昭和シェル労組が同25日に会社とこの件で団交を持った。その報告ビラを見る限り、会社の人事部も困惑していることはわかる。
ニュースソースは出光かとの組合の問に、香藤会長からの話として「全く具体的な事実はないし、そもそも出光さんからも当社からもそういう提案をしたこともない。全くの憶測記事だ」と会社は答えている。

組合嫌いの出光と一緒になることに不安を抱くとの組合の考えに対し、会社人事部は「・・・・・不安といえば不安。・・・・我々は昭和シェル社員の雇用、労働条件ができる限り維持されることがどんな状況でも求められる・・・・・・特約店さんから問い合わせがあった。出光マークになるのは嫌だな、と。そうならないようにやるしかない」。

ロイヤルダッチシェルが日本から撤退したい。これはメジャー戦略としてエクソンモービルと同じだ。昭和シェルの35%株主としていかに高く売り抜けるのか。そういう中で日経やNHKを手玉に取って報じさせ、株価を釣り上げた。そしてその先どうするんだろうか?商才のない私にはわかりません。いずれにしても昭和シェルの会社窓口は困惑しているようだ。

宝山
中央線の藤野駅を下り、相模湖右岸の低山(400m台)をいつもの仲間と歩いた。約5時間。まだ雪が残り、それが部分的に凍っていた。丹沢や中央線沿いの山が一望できた。暖かい日和、枯葉踏むハイキングであった。

昨日の「女の平和」国会包囲人間の輪は赤い洋服などで7千人。うまくいったようだ。
来週25日には辺野古の基地新設反対で青い服装をして国会包囲行動がある。沖縄では県知事選に続き、衆議院選挙で基地建設の輩はみな負けた。にもかかわらず、安倍政権は新知事と会おうともせず、約束した沖縄予算を減額、そして中断していた基地建設の準備に入った。これが日本の民主主義か!
沖縄は東京に頼らず、琉球として自立していく、それしか道はないんだろう。
私はもちろんスカイブルーか紺色の姿で国会へ行く。

そういえば、南西石油が経済産業省の高圧ガス認定工場を取り戻した。一旦取り消されていた認定を得るためこの2年全社一丸になってやってきたが、このたびOKになったもよう。認定工場でないと毎年プラントの停止が必要で運転コストも保全費も高なる。
親会社のブラジル・ペトロブラスの経営状況は原油安でさぞ厳しいことだろう。せめてもの朗報だ。
スポンサーサイト

コメント

今回の件は完全にガセネタってことでしょうか、ネットでは今日の日付でも出光と昭和シェルの記事が載っていましたが、組合への説明が一番信用性が有るってことでしょうか。

Re: タイトルなし

> 今回の件は完全にガセネタってことでしょうか、ネットでは今日の日付でも出光と昭和シェルの記事が載っていましたが、組合への説明が一番信用性が有るってことでしょうか。
あと一か月もすればはっきりすると思います。記事の通りなら、昭和シェルの株主総会前に何かあるでしょう。なければがせかはともかく、買収がうまくいかなかったということでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク