秋闘団交やった

秋闘の団体交渉を、時期外れだが今日やった。秋闘は、春闘のような賃上や協約改定闘争とは違って、常日頃なんとなくおかしいなという職場のあれこれを見直す点検活動で、大掃除みたいなものだ。

今年(昨年になるが)の秋闘は非正規の労働者を焦点化させた。
今日、会社は契約労働者が正規従業員と違い、短期の必要期間のみの雇用であると、実態と違った建前をいい、組合は以下のように批判した。

非正規労働者のことは、社会的にも問題になっているし、TGのような大企業の姿勢が問われている。2年前、長期派遣の人たちが個別直接雇用になった。良くなった面はあるが、一方でそれまでの有休15日とか20日が一律10日にされた。これまでと同じ職場で、同じ仕事をしながら、会社の勝手な判断で有休を減らされた。子育てしている者にとって、大変な被害だった。これがまともな会社のやることか。
MOCM(三井石油)には社員への登用制度があった。JXにも非正規の従業員を社員化する制度がある。なぜTGにはそれをしないのか。あまりにも採用に対し硬直的だ。組合は、そういった。

会社は、組合主張をしんみり聞いたうえで、今後とも議論したいというにとどまった。
とりあえずは会社がどうするか見ていくしかない。
非正規の方々には、力不足の言訳とともに継続して取り組むことをお願いしようかと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク