恥ずかしや官制春闘

労働運動が高揚するはずの春闘なんだが、昨年からどうもおかしい。アベノミックス、デフレ克服のためにと政府主導で賃上げを推奨。法人税を下げたにもかかわらず賃上げしない企業は「公表する」と、麻生財務大臣が脅したっけ。今年はさらに白けることに政府と経団連、それに連合が手を組んで賃上げしての「経済再生」春闘だ。

明日、石油各社でも回答だ。
TGはEMから独立を強いられ、もみくちゃになりながら針路を見つけている最中だ。賃金レベルは総じて悪くない。だからOUは定昇のみ、一時金は昨年月率を要求した。
17日会社との事務連絡での感触でいえば、明日の回答はOU要求通りだろう。
一方、連合所属の多数組合は2%のベアを要求した。とても強気だが、どうして??脚立3段くらいから見て、「建前」をいっているだけの感じがする。ベア要求は組織の判断だからどうぞ、でも、成就しないときの責任を執行部はどう取るのかなー。

17日の春闘事務連絡で、会社はOUの枢要な要求、非正規直雇用の条件改善に対しての考えを述べた。
・非正規・直雇用の登用制度要求は理解できるが、春闘で答えるには時間がない。ただし、アドミ業務についてはずっと採用せず、外注や派遣で対応できた。生きるか死ぬかという会社の状況の中、そこを理解してほしい。
・一方で、彼らの労働条件改善(社員との格差)については時間をかけて判断したい。

事務職は採用しなくてやっていけるという会社の姿勢。
直雇用専門職は本社に多くいるが、私には彼らとの関係がなくその意志を聞けない。だから、工場におけるアドミ業務の仲間のことしか関心が持てない。会社の主張を前提に条件改善で行くか、初志貫徹でいくか!。
もちろん明日の回答いかんによるが、春闘後、当該者と話し合うことになろう。

辺野古の海
沖縄辺野古の海。ここを埋め立てて大きな基地にしてはいけない。

上京していた南西労組の役員と昨日会った。南西の会社をめぐる環境は厳しい。でもナンクルナイサー、応援するからね、がんばれと飲んだ。

16日、昼間、明け勤務残業の若いオペレーターが会社からでたすぐに交通事故死した。私が担当している独身寮から、昨年出た人ではなかろうか。本当にかわいそうだ。昨年は事故が多かった川崎工場、お祓いをしたばかりなんだが


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク