セウル号の悲劇

福島原発事故を何ら教訓にせず、原発再稼働にまい進するわが日本。あの地震から4年たって、被災者の多くが未だ仮設小屋に住み、自殺者3000余が出た。巨大軍事基地建設に反対する沖縄地元を無視して建設を強行する日本政府。

隣の国のセウル号海難事故への対処もひどいものだ。避難指示を出し、誘導させしていればこれほどの被害者を出さなくても良かった修学旅行生、その親たちの抗議行動がソウルで昨日弾圧された。海難事故の究明を求めているのに2年たってもこの状態だ。
軍事政権を倒し民主化した韓国も、今や自浄作用をなくしてしまったのか。

文春文庫、ルメートル著「その女アレックス」は犯罪小説、なかなか読みごたえがあった。展開が激しく右から左に動き、かつ捜査官の心理描写も抜群。そもそもは女性が拉致されそれを救う場面から始まる。身動きできない狭い檻に閉じ込められた、そこに飢えたドブネズミがチョロチョロ・・・・・・被害者が実は無差別殺人の加害者であり、次々と謎解き。捜査官の母親への愛憎などなど。久しぶりに洋物を読んだ。たまにはいい。
桜草
庭に毎年咲いてくれるサクラソウ。どこかから種が飛んできた。例年何本も咲くのだが、今年は義母が雑草としてきれいに抜き、その後に発芽したものだ。「これはサクラソウ。何で抜くかね」と、私がどなったのは1月前だった。

今日は曇り、腿のあたりに違和感があるので野山に行かず、図書館で借りた本を読んで過ごす。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク