久しぶりの平和デモ

「4・25日比谷・平和パレード」の集会とデモに参加した。
原発再稼働反対や核兵器反対、戦争反対の集会。主催が”制服向上委員会”という若い音楽グループだ。何かの集会でもらったチラシを見て参加した。でも、日比谷野外音楽堂の広い会場には、ちょぼちょぼの人、まー少ないこと。
seihuku koujou
若い子の主催なのでさぞかし若者がきているかと思ったら、私のような古手がそう、300もいたかな。
銀座を「辺野古への基地移設反対」とか集団的自衛権反対と声を上げ、デモした。

東京駅近くでデモ解散後、知り合いと軽く飲んだ。
「それにしても向上委員会ってのは何者よ。AKB48と同じようなグループが一生懸命なのはわかるが、彼らと一緒にやる若い奴がいなかった。我々の世代がいなくなったらこういうデモもなくなるなー・・・・・」。
そういいつつ、なるようにしかならないとお互い居直っている。

今年は早くも蜂が出た
<仕事のこと>
タンクヤードに早くも足長蜂の巣があったと連絡があり、除去した。まだ女王蜂が独りで巣を作っている段階なので、今なら簡単。刺されると労災になるので、蜂さん、申し訳ない。

野良猫のこと。本館前のつつじの植え込みに餌箱を見つけ撤去した。困るんだよね、餌を与えるのは。
倉庫に入り込んで問題を起こしているのに、この手の愛猫家はそんなことを気にしない。倉庫に入れない対策を業者に相談したら、100万円はかかりそうだ。いずれ、隠しカメラ設置もせざるを得ない。嫌な役回りだが、仕方がない。

本館1階の女性トイレが使えない。業者に高圧洗浄車を用意させたが、トイレ排水先の浄化槽の水位が高く、洗浄どころではなかった。深刻だ。建屋が古いし、4年前の地震の影響もあるのではないか。女性たちの恨みを買わないように何とかしなくては!

空調の暖房から冷房への切り替え時期だ。これまで本館管理は40年~50年、生き字引でやっていたお年寄りに任せてきたが、最近「退職」した。さて、それで、予想した通り大変だ。管理会社もその点はいい加減で、わが方にその管理を任せてきた。全然知りません、のに。連休を前に急に暑くなって、混乱しております。

船戸与一が死んだ
船戸与一が癌で死んだ。満州国演義は9巻完結だが、私は5巻までしか読んでいない。今の住まいに引っ越しするときに蔵書を片づけた。5巻の古本が100円の買値しかなく、腹が立ったなー。
彼の作品に出るのは、世界各地の抵抗する戦士ふぁ。その主人公は潔い奴ばかりだが、まずほとんど全てが玉砕する。一粒の麦死なずば・・・の精神で。
いい作品をかいてくれた。

山本一力「だいこん」・・・・江戸時代、若い女が飯屋を営業し、さらに拡大していく成功物語。努力すれば救う神あり。
最近私が経験している労働組合員達の負んぶに抱っこ、何も努力しない様子にはうんざりしているので、「少しは爪の垢を煎じろ」という思いがした。

山田太一「飛ぶ夢をしばらく見ない」。
もしも時間が逆転し年齢が若くなっていったら・・・・・・病院でお互い動けない状態で知り合った老女と中年の男の私。ともに家庭や仕事に飽き飽きしている。そういう中で知り合った2人だが、彼女はどんどん若返りしていく。自分よりも20も年上なのに、外見はグラマーに、そして少女に。そういう幻想的な、かつエロチズム。30年前の作品だが、ありえないことを想像できるのが小説のいいところだ。

明日は早くから能登半島に飛行機で行く。山歩きの仲間と。1泊の旅行なのでゆっくり半島の稜線歩きでなくレンタカーでまわる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク