奥能登でハイキング

26,27と1泊2日で奥能登へ行ってきた。能登空港の往復、レンタカーを借りて7人の、ほぼ同世代の男女で遊んできた。
軍艦島
これは軍艦島の前で。陸から50mくらいのところに岩が屹立している。
千枚田
白米の千枚田は壮観だ。人間がコツコツと田圃を山に作っていった。田植えや稲刈りはボランテイアがやるようだが、とにかくすごい。

塩田も見た。砂に海水をまき、陽に照らし蒸発させた土を集め、さらに海水をまき濃い塩水を作る。それを煮詰め、ろ過すると100g400円の能登の塩になる。作業を見、説明を聞いた。江戸時代は海水を人の手で上げたが今はポンプによる。それ以外は何も変わらない。なるほどそうやってできた塩はアマイ感じがした。
イチゲ

2日とも低山のハイキングをした。雪割草はもう終わっていたが、キクザキイチゲの白花はきれいだった。 

ネパールで大地震。劣悪な建物が崩れ、万を犠牲が出たようだ。エベレスト登山者をも襲ったとのこと。被害者が少しでも少ないことを祈るしかない。私にできることは寄付をすること。

ちょうど立松和平「浅間」を読んだところだ。江戸時代に浅間山が爆発し周辺に大被害を出した。それを物語にしたもので、火砕流が襲ってくる直前まで踏みとどまった村はすさまじい犠牲を強いられた。自然の驚異に人間のできることなんてたかがしれており、観音菩薩を拝むしかない。一生懸命働いてきた若い女が夫と子供に母親の全てをなくし呆けたようになる。・・・・・・・・妻を亡くした男と夫を失った女が夫婦になり、孤児や老人の面倒を見て一家をなす。そうやって生き残った者が村の再建を目指す。//著者は仏法にすがる当時の人々に同化し、声援を送る。

明日一日行くと、連休に入る。休み明けは普通重たいのだが、今回は気楽、何か嬉しくなる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク