巨大地震だ

何か地震ばかりだ。昨夜の地震は横揺れが長かった。M8.5とすごく強かったが500キロ深い震源で、小笠原で震度5強、東は4だった。被害は少なく幸いだったが、山手線は遅くまで止まった。嫌だな地震続きは。こんな時に、川内原発再開はないだろう。午後から上野水上音楽堂での再稼働反対集会に行ってくる。

白シャボテン
もらい写真。数時間の命、清楚で凛としているシャボテンの花だ。

大城立裕「琉球処分」を読んでいる。明治初めの琉球吸収は、新書でも出ているが、小説のほうがいいかとこちらを選んだ。上下の上を読み終えたところだが、蛇ににらまれた蛙の図そのもの。抵抗しても詮無いと、事情を分かる開明派が日本のお先棒をかつぐ。しかしそれにしても、侵略者に初めから呑まれ、言い訳に徹したところで、所詮、遅延させるだけであった。薩摩にいじめらててきた奴隷根性がしみついていた。
その後の沖縄戦の悲劇を知っているだけに、そして永続的な基地の島にされようとしているだけに、あの時、も少しなんとかできなかったのか。作家の口惜しさを感じたい。

内田樹「日本の反知性主義」と、佐藤優・斎藤環「反知性主義とファシズム」を買った。世の中を覆う、歴史修正主義やヘイトデモ、嘘を100回いえば本当になるというようなねじくれた世相。どうしてこうなったのか。
スポンサーサイト

コメント

続、わたしの勧める本

続、わたしの勧める本
1.安倍改憲政権の正体 斎藤貴男/著 岩波書店
2.アベノミクスと暮らしのゆくえ 山家悠紀夫/著 岩波書店
3.憲法改正問題資料 全2巻 渡辺 治/著 旬報社

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク