梅拾い

日曜日、高尾のハイキングをした。蛇滝のお宮周りの石垣にある岩タバコの花が見れるかといったのだが、まだずっと先のようで残念。途中、梅林で落ちた梅を拾うハイカーを見て、私もまねた。軽荷がドカッと重くなった。梅酒にしよう。
雪ノ下
岩タバコは、まだ。ユキノシタがいたるところに咲いていた。

好天で高尾は多くの人。それで人の少ない方へ退散、家に着いたら2時半。シャワーで汗を流し、ビールを飲んでウトウト。そのまま深夜まで眠った。さて、目を覚ましてこれからどうしようか。エネルギー管理士の試験勉強をしなくてはいけないが、まさか今からやる気はしない。

ボルネオのキナバル山で地震があり、死傷者が出た。10年近く前に登った。登り一方のきつい山で、1800mに受付があってそこから4095mまで一気に登る。3300メートルあたりに山小屋ホテルがあり、普通はそこで一泊し高度順化をするが、予約なしに行ったので泊めてもらえなかった。やむなく、日帰りをしたのだが、1度は疲れて失敗し、退散。日本から来たかいがないと、1日おいて2回目で成功した。へとへとになった。
新聞によるとホテルの上で被害にあった。揺れで岩が崩れた。粘り気のない溶岩が流れたのだろうが、板状の岩の隙間を歩くところがある。それが地震で剥離したのだろう。頂上近くは白い岩にロープが延びおり、道を間違えないよう伝っていく。
あそこで地震とは、運が悪いとしか言えない。

福岡市で川内原発再稼働反対の大集会があった。15000人が集まったようだ。動かせば発生する核のゴミをどうするつもりなのか、都ともに、火山の多い日本、とりわけ鹿児島で大丈夫なのか。福島第1の事故を忘れてはいけない。
スポンサーサイト

コメント

本を勧めます。

本を勧めます。
山家 悠紀夫著/ アベノミクスと暮らしのゆくえ 岩波ブックレット No.911 全79頁/2014.10.7第一刷発行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク