逆境をエネルギーにする精神をみた

私が組合専従を切り上げて20年余ぶりに復職した時、面倒を見てくれた「空調の先生」が、その後、不運なことがあって工場を去った。その彼と久しぶりに会った。
ちっとも変っていず、元気だった。川崎工場で沈んでいるよりも、さながら水を得た魚であった。大きな工場の管理を引き受ける事業のボスに。私なんか、情けないことに浄化槽がトラブル続きで大変よと、泣き。

その後、いろいろあって離婚し、若い人と結婚した。奴には珍しく、恥じらっていた。
「子どもには責任持てよ」と生意気にいうくらいが精いっぱいだった。がんばれよ

赤城山にレンゲつつじ
カメラをいじくっていたら写真がすべて消去された。それで13日、一緒に赤城山のハイキングをした人から写真を送ってもらった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク