組合事務所の整理ってのは大変だ

OU川崎支部はまもなく旗下ろしをする。ゼネラル石油の争議をしたときには高卒入社早々という世代の3人が、間もなく65歳の再雇用契約終了を迎える。諸井が9月、荒井が12月、和田が翌2月。
3人しかいないので、活動といっても大したことができるわけではない。月1回、悠YOUをまき、組合掲示板へのビラ張り程度だった。
今月中にも、貸与されている組合事務所を会社に返すことにしている。この1週間、昼休みに整理をしている。とにかく歴史がたまっているから書類が多い。それらを見始めたら切りがないので、無心になってぱっぱと捨てている。

7月1日、三井石油と極東石油はTGに吸収された。極東石油千葉製油所はTG千葉工場となるし、OUのKPI支部も名前をどうしようか。

<仕事のこと>
午後、トイレの流れ難い事務所があって、そこの汚水管の尿石斫りを予定していた。それ以外はのんびりできるはずだったが
午前中、湯沸かし器の温度調節が効かない、味噌汁が飲めないというので、ポットをとりあえず車で運ぶ。
昼食直前には、食堂の空調吹き出し口からヒドイ結露と連絡があり、あわててモップで拭き掃除。梅雨時で湿度が高いことが影響したようだ。

で、午後予定していた汚水管の清掃。硫酸成分の薬剤で尿石を溶かすと、化学反応して臭いこと臭いこと。業者によると、においが洋服どころか身体に染みついてしまい通勤では大変だといっていた。そういいながらも、物理的にタガネでコツコツと尿石を砕き、どうにか所期の目的は果たした。私は、臭いが体につくのは嫌だなと、ただ作業を傍観していた。

工場の庶務の仕事っていうのは、とにかくいろいろある。

別件。JX水島で1日、硫化水素で1人死亡したそうだ。ネットでJXを調べたが、まだ何も書いていなかった。
スポンサーサイト

コメント

これっすね

JX水島製油所で男性意識不明 脱硫作業中に硫化水素発生か

 1日午後4時20分ごろ、倉敷市・水島コンビナートのJX日鉱日石エネルギー水島製油所B工場(同市潮通)から「作業員が硫化水素を吸って倒れた」と119番があった。屋外で作業していた従業員男性(61)=同市=が病院に運ばれ、意識不明という。

 水島署や同社によると、男性は原油からガソリンなどを精製する際に硫黄分を取り除く装置を操作していたところ、突然倒れた。近くではほかに1人が作業していたが、無事。辺りに有毒ガスの硫化水素のような異臭が漂っていたため、別の従業員が通報した。同署が詳しい状況を調べている。
(2015年07月01日 23時16分 更新)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク