さようなら原発の集会

23日13時半から代々木公園で「さようなら原発・さようなら戦争」の集会に2万7千人が集まった。OU組合は今回もOBに声をかけ9人参加した。
戦争法反対と原発再稼働そして沖縄の辺野古基地建設、これらはひとつにつながり安倍政権を打倒せよとなった。民意無視、憲法違反はこれまでの民主主義的常識の域をこえ、とても許されない。
沖縄県知事はジュネーブの国連会議で沖縄の植民地的状況を説明し、日米両政府を批判した。沖縄の自己決定権を主張し、新たな段階となった。

今日の集会は音量が弱く、座っていると聞こえなかった。だから、川内原発反対の住民や福島の被災者の話はわからなかった。

上野千鶴子氏は、「70年安保世代の私にとって、当時、学者と学生は敵対した。それが今や戦争法案反対で両者協力する関係になった」と自戒をこめて語った。権威ある先生を批判することが善だった。いわば造反有理の観念主義だったのだが、あの頃は近い者を敵にした。今となれば、愚かな若き頃を思い反省した。遅いんだけどね。

大江健三郎氏がいったこと。①平和と民主主義が壊されようとする危機に直面しているが、学生や若い人たちの活動に期待する。彼らの言葉は私にとっては親しみのない、でもすごく新鮮である。②「さようなら」という優しい言葉を2つもメインスローガンにした集会について。原発について、自分は広島・長崎の原爆投下や、沖縄の核兵器のことについては触れてきたが、原発について問題意識を持たなかった。自覚がなかったことを反省している。原発や戦争をなくすことの難しさ、厳しい長い戦いだ。短期間にはいかない、その困難に負けずがんばってほしい。・・・・・・遺言のような感じがした。

原発反対
渋谷の街中をデモし、これから飲み屋へ行くところ。

川崎支部の支部長の諸井君が今月で再雇用終了だ。ご苦労さん、これからも頼みますと乾杯した。
スポンサーサイト

コメント

デモたいへんお疲れ様でした。
民意についてご教示よろしくお願い致します。
沖縄の基地移設、知事と市長は反対すれど、区(区民?)は受け入れも表明してるみたいですよ。
この場合の民意はどのように定義されているのでしょうか。
もちろん金で釣ってるという方法はわかっている上で。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク