明日から1週間外遊

明日からベトナムに行ってきます。5人、同じ年頃の気楽な旅ですは。13日に戻ります。ベトナム戦争の跡地を見に行くわけでもなく、そういう意味では山登りと観光、かの地を見てこようと思います。

「蟻さんマークの引っ越しセンター」のブラック企業ぶりをネットニュースで見た。あまりにひどい働かせぶりに何とかしたいと立ち上がったAさんに対し、ひどいいじめをし、提訴したら会社の名誉を傷つけたと解雇。日本は法治国家か、労働基本権はどこに行ったのかという世界だ。

「蟻さん」階差はその後、雲ゆき悪しとAを復職させた。Aの仕事は営業からシュレッダーをする係り、今もって謝罪がない。プレカリアートユニオン(プレカリアートとは、ざっくりいうとすごく貧しい不安定な労働者)の社前抗議に対し、口汚くののしる会社側。それはヤクザの企業のような感じだ。
「蟻さん」内では孤立したAさん一人の戦いではあるが、労働運動というのは結局は少数から始まるもの。泣き寝入りをせず戦う、一人でもやる。昔の己を見る思いがした。
連合の組合をみると、多数に胡坐をかいて、役立たずの組織になっている。多くがそうだ。格差社会を変えたい、働く者が生き生きとできる職場、そうした当然なことを目指す、「蟻さん・・・」のAさんみたいな頑張る人。一人一人判断する市民運動的な感覚を持った労働運動こそ、今日必要かなと思った。

しゅうめい菊の原種か
秋の山に咲く花。たぶん、秋めい菊の原種だろう。

ロシアがシリア内戦に参戦した。これまでもアサド政権を応援してきたが公然と空軍を派遣し爆撃を始めた。アメリカがこれを批判する資格があるかどうかはおいて、まことに困ったものだ。米ロの代理戦争の色合いも出てきた。
日本でいえば応仁の乱とか戦国時代にそっくりだが、シリアの場合は内部での争いに外から(サウジや湾岸諸国にアメリカ、イランにロシアなど)金や武器がどんどん供給され、争いの火に油をかけている。馬鹿な奴らが奴らどうし争うならともかく、素人さんを巻き込んで収拾不能な争いになっている。犠牲は婦女子を含む国民であり、大量の難民。その一部が西欧特にドイツに流れている。

憲法9条をもつ我々としては、こういう愚かな争いを大乗的にやめさせる、そういう努力が必要だ。
スポンサーサイト

コメント

外遊って、政治家等の公人が外国に視察に行くときに使う用語

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク