もう一回、ベトナム報告

ホー・チ・ミン廟はホーの居住区で、大統領府横にあった。さながら庭園だ。ここでホーがベトナムを植民地から独立させ、南北分断の国家をアメリカとの戦いに勝ったのか・・・・・・・・。世界中の観光団と一緒になって見て回った。
ホーチミンの廟の庭
これはその中の閑静な庭だ。
ホーチミン
観光した後、土産店でホー・チ・ミンとボー・グエン・ザップのポスターを買った。ベトナム戦争を軍事的に勝利させたのはボー将軍、彼の「人民戦争論」を学生のころ読んだ。写真の若さからして、フランス軍に勝利して北ベトナム独立した直後、1947年くらいのものだろう。

ベトナム革命に対しての私の意見
1、南ベトナム解放戦線(ベトコンと蔑称でいわれた)を将棋の駒として扱ったのではないか。アメリカ追い出して後、南は南、北は北と連邦制をしていたなら、あのような大規模なボートピープルにはならなっかだろうし、南の民衆の屈服感はなかったのではないか。
2、ハノイのバイクの洪水をみていると、ドイモイ政策のなかの一段階ではあろうが、まともな社会ではない。
モン族の住む山岳地帯を含め、ジャングルといわないまでも森はほぼなかった。自然を大事にしない社会主義など、近代化暴走路線だけでしかない。
とりあえずそこまで。ハロン湾を船上で描いた。
ハロン湾1
ハロン湾2

1週間留守にすると、新聞がたまっていた。
沖縄では翁長知事が辺野古埋め立ての承認取り消しをした。すかさず政府は行政不服へ
ユニセフが南京虐殺事件を世界遺産にした。そしたら日本政府は反発しユニセフへの資金を凍結とか減らすといった
右翼の女性漫画家が、シリアの難民の子どもに「そうだ難民になろう」とキャプションをつけたマンガを描いた。
シリアといえば、ロシアがカスピ海から巡航ミサイルをISに対し打った。トルコでは平和集会にISが爆弾をしかけ100人死亡
間もなく川内2号が再稼働。伊方町議会は再稼働を求め全会一致。
・・・・・・・・・・・

沖縄の南西石油は4月に運転停止し、実質ターミナルになっている。最近、南西は直接供給契約しているデイーラーや商社に対し、11月から値上げをする/自前で製品調達が可能なら南西のタンクを使ってもいい/来年3月末には供給停止にする、と文書を出した。TGのような元売り関係には出していない。

沖縄への供給責任を果たさず、従業員や関連などの労働者をどうするのか。
ペトロブラスというブラジル国営会社の逃亡を許してはならない。
スポンサーサイト

コメント

南西の従業員が気の毒でなりません。

Re: タイトルなし

> 南西の従業員が気の毒でなりません
同感です。ただし、私は冷たいかもしれませんが、こういう事態は初めからわかっていたはず。なんくるないさは、やめるべきだ。

こうなることはわかっていた?
随分評論家的ですね
これが元の仲間に掛ける言葉ですか?
組合幹部としての言動に呆れるばかりです

辺野古移設には現地まで行って反対運動したりデモに参加したりする一方で、南西の問題には突き放したような言い方で評論家気取り。和田さん、そりゃあないって。

Re: タイトルなし

> 辺野古移設には現地まで行って反対運動したりデモに参加したりする一方で、南西の問題には突き放したような言い方で評論家気取り。和田さん、そりゃあないって。
評論家と見えるんかなー、それなりに己の考えを言ったのだが当該の組合とは乖離ができた。ある距離感を持って応援するしかない、それが評論家的といわれたらやむを得ません。

以前にも(4月頃でしたかなか?)投稿しました。
当ブログを拝読しまして、いろいろと勉強させていただいております。安倍悪政により、沖縄問題が重大な局面を迎えている一方、沖縄唯一の製油所・南西石油が岐路に立たされ、半年余…。
昨日の沖縄マスコミによる報道ですと、来年3月末以降供給に支障が出るとの報道に驚いております。
小生、かつて沖縄石油精製に勤めておりましたが、現状の沖石(現沖縄出光)の出荷能力からですと、県内供給をカバーするだけの余力はないかと思われます。
ペトロ社は、国や南石買収に名乗りを上げているいくつかの企業に対し、揺さぶりをかけている感も見て取れます。
いずれにせよ、沖縄のエネルギー供給に支障をきたす事態は避けてもらいたいですし、かつて(元沖石社員)の仲間も含め、南石社員の今後の処遇を真剣に考えていかなければならない時期に差し掛かっているかと思われます。
沖縄はエクソンモービルの販売網がしっかりしている中、TGが買収に動いてもらえれば幸いですが、JXとの今後を占う関係もあり大変複雑であります。
沖縄の基地問題も含め、南西石油の動向に注視していきたいと思います。

Re: タイトルなし

> 以前にも(4月頃でしたかなか?)投稿しました。
> 当ブログを拝読しまして、いろいろと勉強させていただいております。安倍悪政により、沖縄問題が重大な局面を迎えている一方、沖縄唯一の製油所・南西石油が岐路に立たされ、半年余…。
> 昨日の沖縄マスコミによる報道ですと、来年3月末以降供給に支障が出るとの報道に驚いております。
> 小生、かつて沖縄石油精製に勤めておりましたが、現状の沖石(現沖縄出光)の出荷能力からですと、県内供給をカバーするだけの余力はないかと思われます。
> ペトロ社は、国や南石買収に名乗りを上げているいくつかの企業に対し、揺さぶりをかけている感も見て取れます。
> いずれにせよ、沖縄のエネルギー供給に支障をきたす事態は避けてもらいたいですし、かつて(元沖石社員)の仲間も含め、南石社員の今後の処遇を真剣に考えていかなければならない時期に差し掛かっているかと思われます。
> 沖縄はエクソンモービルの販売網がしっかりしている中、TGが買収に動いてもらえれば幸いですが、JXとの今後を占う関係もあり大変複雑であります。
> 沖縄の基地問題も含め、南西石油の動向に注視していきたいと思います。
戦うべき時には戦わなくてはいけない。そしたら活路が見つかるかもしれない。残念ながら私がいえるのはそれだけです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク