パリ合意、良かった

パリの会議は予想外に成果を得た。国連気候変動枠組み条約の21回目の会議。
産業革命から300年弱、このままいくと今世紀末の地球は当時より3℃とか4℃高くなる。これをせめて2℃に抑えよう、と世界中で市民が求め各国政府を突き動かした。私も東京のデモに加わった。

そして玉虫色にしても、上昇1.5℃に向けて努力することが160の国と地域により合意された。京都合意の時は米中が逃げていたから、歴史は進んでいると思いたい。

原水爆・核廃棄と同じで、温暖化ガス削減は誰もが、どの国も否定しないのだが、利害衝突でなかなかまとまらない。マーシャル諸島が海の下になってしまうのは何とかしなくてはいけない、困ったことだ。巨大化するハリケーンや大竜巻に世界中が被害を受け、この原因が人間活動による温暖化であることを感じてはいる。にもかかわらずCO₂吸収に貢献する熱帯雨林・ジャングルは焼かれ、狭くされている。

何とかしなくてはいけない、でもしかし、成長も必要だという。後進国は発展を抑えられたらたまらないと抵抗する。北京のスモッグで環境破壊が行くところまできていることはわかっていても、中国の政治家は小手先で対処。このままでは人間すら生き残れない。
排出するCO₂がゼロベースで吸収される「均衡」実現、持続的な生態系をと、ようやく「合意」ができた。これを絵空事に終わらせてはいけない。政府に省エネを強制させ、かつ個人や家庭、地域でエネルギー過剰の生活の在り方を見直す長い戦いが始まった。

石炭火力を建設する計画は一刻の猶予なく、やめた方がいい。
スポンサーサイト

コメント

12月なのに気味悪いほど寒くないのもやっぱり地球温暖化のせいかな
金沢では兼六園の雪吊りのこの時期まで一切の雪が降らないのは、まずあり得ないことのようで、地元では大きな話題だそう

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク