またも核実験

北朝鮮が「水爆実験」をやった。どうも原爆に手をいれたもの程度らしいが、いずれにしても性懲りもなく核実験をやった。貧者の武器としての核兵器を持つことで対米の安全を確保しようとしているには違いない。東アジアはまたまた緊張の罠を増やした。緊張緩和とは真逆の相互不信・軍事拡張の悪い方向に一層進もうといるようで困ったものだ。
アフガンやイラクそしてシリアの悲惨な状況は、今やサウジとイランの対立に拡大し収束には程遠い。
対立ではなく対話を
不信ではなく信頼醸成を
エクセントリックにならず理性を
軍拡でなく軍縮を

北朝鮮の再度の核実験を強く抗議する。

あと少しの業務なんだけど
猫が倉庫に入りこんで赤ちゃんを産みそうだと、電話が入った。翌日になるが、おっとり刀ならぬ棒をもってかけつけた。雑音を出して追い出すしかないからだ。ところが「昨日の夕方出ていきました」そうで、とりあえずやれやれ。
そういえば、主のようなお婆ちゃん猫は、年末、猫好きな方が心配して引き取ったら、直に亡くなったという。良い死に方をした。白内障に腎不全?。まだ野良猫が珍しかったころ、不妊手術をさせ数年たった。・・・・・・・・・・猫追い出し作戦よりも不妊手術作戦のほうがいいかもなー。50匹×3万?=150万程度なら、と今頃思う。

組合のこと
会計決算が200万あわずあわてたが、これは堺支部の会計担当者の誤りだった。ホッ!
2月13日に大会を開くので、役員選挙をやらなくてはいけないし、議案書を作らないといけない。年末年始、こんな時にやめてくれといいたいがしょうがない。私も65歳、長いことやってきたからの飽きか。もう年貢の納め時と思う。

昨日は千葉支部の新年会に行った。長居をすると五井から東京は遠いので、1時間飲んでそそくさと帰った。

日本経済新聞6日朝刊に、JXとTGの統合の「実話」が載っていた。エクソンモービルの持っているTG株を購入し、TOBをかけると脅しをかけつつ、統合話にもっていったJX.。武藤社長がボードをまとめきれないとみるや、役員すべてに直接会って話をし、統合を迫った。そしてついに、12月3日の共同記者会見に至った。
日経は2度にわたるリークをしたが、これもJX戦略に載ったことを暴露したような記事である。

もちろん非効率なJXの改革のためにTG手法が必要だとはあるのだが、JXの掌に捕まったTGというところか・・・・・・・・・・・・・天下の日石が{1+1<2}のためにTGのいうことをきくのかね???
椅子が亡くなると不安を持つよりも、今はそうなったときの予防薬を=労働組合をしっかりさせておくべきだろう。
スポンサーサイト

コメント

どんなに優れた経営手法を持っていても、これだけの規模の会社になれば、どこも権力闘争の嵐と相場が決まっている。
従業員数が7倍とか8倍とかじゃ、初めから喧嘩に勝てる訳がない。
従業員の質が違うというのが東燃サイドの頼みの綱だけど、数の力はどんなに大きいかということに、いやというほど気付かされるのは時間の問題。

>JXとTGの統合の「実話」が載っていた。
報道後の11月のフォーラムじゃ「価値観の合わない所とは組まない」と言っていたのに事態は急展開したようですね、統合発表時のビデオが急遽撮ったって感じでしたからね、バックが真っ暗で夜中に撮影したような映像でしたよ、前から決まっていれば普通は明るい昼間に撮影するでしょうからね、やはり外堀をじわじわと埋めらていたんでしょう、TOPは誰も気付かなかったんだろうか?

社長はしきりに今回の統合は対等だと言っています、統合後の結果を見れば全て分かるでしょうね、重複する部門で5対5で残って初めて対等でしょう、効率化を進めてきたTG側が多くても納得できるでしょうが・・・果たしてそのようになるんでしょうかね、仮に8対2になった場合何て言うのでしょうか?「相手側の方が優秀な方が多かった」なんて言うんじゃないでしょうね。

従業員の数が7:1とか8:1とかなのに、50/50はどう考えてもあり得ないでしょ
8:2で埋められてもTGの優勢ってんだから、多勢に無勢もいいとこ

Re: タイトルなし

> どんなに優れた経営手法を持っていても、これだけの規模の会社になれば、どこも権力闘争の嵐と相場が決まっている。
> 従業員数が7倍とか8倍とかじゃ、初めから喧嘩に勝てる訳がない。
> 従業員の質が違うというのが東燃サイドの頼みの綱だけど、数の力はどんなに大きいかということに、いやというほど気付かされるのは時間の問題。

本当に大変ですよね。ぞっとします。ただし経営判断をしてしまったので、どうにもなりません。泣きごと、遠吠えをしてもせんずりでしかありません。
JXとTGの人数比は、石油と石油化学だけでみないと過大になります。私が知りうるところでは、12000対3500といいますので3~4倍くらいのようです。それにしても多勢に無勢ですね。
統合委員会で将来のことが決まるので、TG側委員には「統合にあたっての憲法」を実現させてほしい。巨体に腰砕けにならないでほしい。よもやSAPをやめたり、販売の事後調整に戻ったり血の入れ替えを・・・・・そういうことはなかろう。そんなことをしたら、それこそ1+1>2、統合による効率効果なしとなってしまうでしょう。いかに何でもそういうことはしないと信じたい。

製油所の縮小、本社とか研究所など重複部門での人員削減など予想されます。TGの我々としては、JX側が適正な人員にしてから統合すべきだといい続けるしかありません。
とはいえ、直雇用や派遣などの非正規従業員や工場の常駐業者がまず減らされるでしょう。
どうせ切られるならやめてやるとか、転職先を考える。そういうことを言う方がいます。
しかし、このご時世、いい転職先は難しい。それよりもここで働き続けてほしい。あきらめるな。
労働組合で抵抗力を強めてほしい。私はそのための手伝いはします。これからのことを嘆くだけではどうにもなりません。

JXのスリム化は当然絶対のこと、TGにもスリム化の余地はありませんか?
全員が給料以上のもの生み出してる、貢献してると思いますか?

社長は、去年の決算説明で2017年で800~1000億円の営業利益、2025年では1000億円以上の利益と説明しています。JXと一緒にならなくても良いのではないかと思います。本当は、実現は無理だと考え今度は「20年30年先を考えて」と言っているのではないかと思います。これでも社長の経営判断だからしょうがないのか?高い給料をもらい楽な役職です。
対等も口先だけで、「対等と言うのは役員だけ」と言うのではないでしょうネ。

対等合併なんて一言も言ってなく、‘対等の精神で’に過ぎません。
こんなのなんの定量評価もできないのだから、どうとでもなる体のいい言葉に過ぎませんね。
期待しないこと、それだけです。

>JXのスリム化は当然絶対のこと、TGにもスリム化の余地はありませんか?
有りますね、ただの伝書鳩みたいなポジションが、そのくせ高い給与を貰っている人達が、こういう事はお互いに出さないんじゃないですか、美味しいポジションはそのまま残してね、半親方日の丸企業になるから割りを食うのは末端の者だけでしょう。

恐らくシンボリックに役員は対等に見せかける工夫はするかもしれませんね。
でもその下を対等にするというのは極めて難しい。
人数比があまりにも違いすぎるので、対等にしたらあからさまな東燃優遇になってしまう。
人数比率で割り振ったら各地各職場でJXだらけになってしまう。
だから難しい。

社長は0ベースでやると言っていますが、記者会見時の質問で日石側へ「今まで合併を繰り返してきて効率化出来なかったことが、なぜTGとは出来るのか?」
凄く的を得た質問だったと思います、TGの効率化のやり方をそのままJXが受け入れるんでしょうか、大が小の言うことを聞くんでしょうか?出光が昭シェルと合併したので日本一の座が危うくなったからTGを取り込み不動の位置を確保しただけではないんでしょうか?小粒ながらも収益性の良いTGをグループ内へ入れて屋台骨はJX主導で今まで通りじゃないでしょうか
末端従業員だけが効率化され、JX色にされておしまい・・・

↑最もあり得るシナリオ
そうならないように頑張ってもらうしかない

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク