格安バスは危ないなー

15日未明、軽井沢で大型ツアーバスが転落し、ツアー客の14人が亡くなった。東京新聞の16日夕刊は追悼記事で埋まった。顔写真とその個人の紹介。読むのに耐えられない。若い学生たちがセンター試験の休みを利用し、安い深夜便のバスで斑尾スキー場に向かった。楽しいはずのスキーが思わぬ暗転。仮眠していたまま死んだ、本当に運が悪い。
規制緩和で安かろう悪かろうが野放しになった、危険も自己責任というのか。

私も山登りに深夜バスを利用してきた。昨年は9月に新穂高温泉へ行った。新宿を夜出ると朝の4時頃について、槍ヶ岳に向けて歩いた。帰りも昼過ぎ乗車で夜10時頃に新宿へ。電車を使うより安いし、乗り換えなしですごく時間を有効利用できる。車中1夜と2泊3日で北アルプスへ。槍は小雨で寒くて大変だったけど、ツアーバスだから有休2日を取るだけで行けた。
10月の尾瀬には深夜バスが満席で、そのため早朝便で行った。JRだと乗り換えでずっと時間もお金もかかる。なによりも座っているだけで鳩待峠まで連れて行ってくれる。

今回の事故報道で、シートベルト着装がなされていなかった。車外に弾き飛ばされず、犠牲を減らせた・・・・・という。
工場の送迎バスで毎回着装のアナウンスがあるが、注意喚起は大切なことだ。

JX統合で期待する声は聞かんなー
組合の機関紙、悠YOU1月号の記事をどうするか。JX統合に対する防戦記事とせざるを得ない。
武藤社長のフォーラムでの自信ある話に対し、ソウダソウダというのは工場長クラスがトップにつきあって発言するくらいで、まず、前向きな話は聞かない。
堺の工場長は一流企業になることを喜んでいるだろうが、でもみんな堺工場にそのままいれるわけではないと、年始の仕事始めにいったそうな。そんなことを言って、奮起するとでも思うんだろうか。やっぱり「血の入れ替え」をされるんだと不安を醸成するだけなのに、訳が分からない。

JXとも仕事柄交流ある人によると、
JXの人たちは、TGのような合理化の経験がないので、統合による危機感は全くない。三石、九石、興亜、JOMOと吸収し、これまでも何も問題が起きなかった。TGと統合なんていっても吸収。効率のいいビジネスとインフラを手に入れたら、ポイするつもり、だからナ~にも心配していない。

スポンサーサイト

コメント

そこなんですよね。
片や長年に渡って効率化をとことん追求してきた企業と、片や合併を繰り返して図体が大きくなっただけの巨大企業。
もしこれだけカラーの違う会社同士の統合がうまくいったら、将来は経営学の教科書に載りそう。

>堺工場にそのままいれるわけ ではないと、年始の仕事始めにいったそうな
それに生き残るためにそれぞれが何かするようにって感じな事を言っていたように記憶してますが・・
急に統合話が出て残り1年ほどで何をしろって言うのかねぇ、それなら各自に「貴方はこれを達成すれば大丈夫です」とか言って欲しいですわ、漠然と頑張れだったら誰でも言える。


>JXとも仕事柄交流ある人によると、
JXの人たちは、TGのような合理化の経験がないので,統合による危機感は全くない。
>これまでも何も問題が起きなかった

結局、割を食うのは吸収される側なんですね、本社部門、貯油所、研究所、営業、工場、美味しい場所だけ取られて人はJXに取って代わられる・・・
社長の言っている話と全然違う・・・

ポイされる対象は、どこまでの範囲だと思いますか?
管理職のみならず?

社長は吸収される側であること、JXの統合後の姿勢も判っていると思う。口先だけで色々説明していても本心は・・?社長(役員)は自分達の残留を条件にしているとの噂を聞いた。「生き残るためにそれぞれが何かするようにって感じな事を言っていたように記憶してますが・・ 」・・これが実行していることですか?

安全と水が無料だったのは過去の話になりましたね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク