川崎市による環境技術展

18,19と川崎国際環境技術展があり、川崎工場からもブースを出している。
昨日、その激励になればと初めて行った。武蔵小杉からシャトルバスが出ていた。8回目ということで、300以上の企業や団体が店を出していた。
展示物を見ていると、説明にくるのでついつい時間をとり、同僚の車に乗せてもらうつもりだったが置いてかれ、会社に戻るのに難儀した。
廃プラスチックを原料にアンモニア製造している昭和電工のブースでは、すでに65%を回収プラを原料とし、都市ガス(メタン)を減らしているとのこと。
ヤシの実による油を乳化することでA重油相当にできるという企業の店では、「マレーシアではジャングルを壊しどこまでもヤシ畑になっている。自然にやさしいバイオ燃料というがあれを見るとそういえないんだよね」と私。若いエンジニアの方は、そういう話はよく伺います、と困っていた。
自転車をこいで電気を作るというどこかの大学では、スポーツジムに置いたらいいんじゃないのと私。まじめに提携を考えているといっていた。
水素水製造のところでは、これを飲むと活性酸素を体外ン出して健康に良い、と聞いた。

工業都市川崎が東芝やいすゞ自動車など企業撤退で地盤沈下し、これではいけないと始めた技術展。コンビナートの夜景は今では観光の対象になった。川崎行政の努力が花開いてきた感じがする。
羽田空港の真向かいにキングスタウンという工場団地を造成中だが、医療や情報、倉庫などの企業が来る。多摩川に橋が架かるとすごいことになろう。
また、電気自動車やハイブリッド車が会場外に並び、今や水素と電気という時代の流れを感じた。
3年連続で、TG川崎工場の出店は優秀賞になったとのこと。大したものである。

今日は誕生日
20日、65の誕生日である。今月で再雇用が終わる。
ようやく私の後任が決まった。来週にくるとのこと。若い、派遣の人という。工場経験のある再雇用の人が来ると予想していたので驚くとともに、慣れるまで大変だろうな。短い申し送り期間しかないが、OJT実地教育で経験を伝えたい。

昨日職場のみなさんが送別会を開いてくれた。
ちょっと前にやめた派遣の女性も飛び入り参加し、8人。
「和田さんボケちゃうから、工場で働きなよ」。構内業者に口利きするからサ・・・・・。私の働き方を評価してくれて、ありがたい。嬉しいものだ。控えめに飲もうと思ってはいたが、楽しい雰囲気で芋焼酎と日本酒の杯が進んだ。
登山用のウイスキーをいれるフラスコ(携帯懐中容器)を記念にいただいた。
スポンサーサイト

コメント

和田さん

65歳のお誕生日、おめでとうございます!
あとちょっとになりましたが、有終の美を飾って下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク