メーデー

昨日はメーデー、日比谷公園に行った。8時間労働制を求めてシカゴの労働者が血を流した、それを記念して世界中で労働者が集会をしデモをする。日本では、非正規労働者が多くなり、労働組合の組織率も低下したため精彩を欠きつつある。

戦争法・改憲反対、労基法の空洞化反対とシュプレヒコールをし銀座まででもをし、いつものように、ビールのライオンで乾杯。8時過ぎまでの7時間、3次会まで飲んだ。それで本日は家で静かにしている。
メーデー

明日は憲法記念日。有明で大きな集会があるが、私は家族みんなで伊豆に旅行で行けない。改憲が目前になるなか成功を祈る。とにかく本日は、体調を整えておかなくては。

最近読んだ本
久しぶりに北方謙三。「行き止まり」・・・・男の意地とか義理物語。やらなくてもいい争いに巻き込まれ破滅していく。あいかわらずだ。
赤川次郎「月光の誘惑」。テンポがいい。話の展開がおもしろい。

八木澤高明「マオキッズ」。副題が、毛沢東の子供たちを巡る旅。
ネパールやフィリピンの毛派ゲリラのルポだ。貧しく若い人が武器を持って戦っている。著者は、彼らへの同情を持ちつつも、血を流すことの愚かさをいう。そして毛沢東のやった中国革命が貧しい農民を肥やしにし、人民公社の失敗、文化大革命による大殺戮を経、結局今は「赤い資本主義」に。革命なんて結局は利権争いに過ぎないと看破する。
著者は傍観者に徹している。物乞いと大金持ちの中国への批判、カンボジアのポルポト地獄への弾劾を含めて面白い。ただし、武器でなく泥海からどう離脱するか・・・・・それをルポライターに求めても、無理な話ではある。
スポンサーサイト

コメント

どこか欧州の国が日本にNATO入りを提案したら安倍さんはニンマリしていたと報道がありました。
どう考えても、地理的にも日本がNATOに加盟する理由が見当たらないのに、まんざらでもない安倍さんは一体何を考えているんだか!?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク