春闘収拾

昨日、ほっておいた春闘交渉に決着をつけた。非正規の条件アップを要求していたら、多くの人の契約更新時に更新しないという。「山の日」分を交替者には適用しない。もちろんJX統合への雇用保障など答えをするわけがない。
ということで抗議してほっておいたのだが、夏のボーナス計算に支障がでますといわれ、しょうがないなと収拾した。

明日からの沖縄行き前に団交報告を出すためにと、家のパソコンをリュックに背負ってきたのだが、19階のリフレッシュルームでやろうとしたらマウスがない。やりにくくてならない。半分もできず、夜の飲み会にいった。

JXの決算話をした。
あの会社駄目だね。資源開発の泥沼に足を引きずり込まれ、どうにもならない。チリiの銅山は4000メートルの高地、効率が悪いのは当然だろう。100年の垢はすごいぞ。支店長交替の時にはデイーラーが札束を持ってくる、御殿が立つというよ。関係会社は140どころか600もあるらしい。そこにEM流のコンプライアンスなんて適用できるわけがない
。2万7千人をどうするのかね。シャープのようにハードランニングになったら結局従業員が可哀そうだが

とにかく8月の統合発表が流れたらいい、そういう、うかぬ酒になった。

エネルギーフォーラム誌にLPG販売会社のジクシスの記事が出た。4社で作ったのだが、親会社の再編で又裂き状態、いつまでもつかとあった。

では16日まで沖縄へ行ってきます。
スポンサーサイト

コメント

多勢に無勢、寄らば大樹の陰…今のJXはまるで幕末の江戸幕府みたいです。
いくらTGがコンプライアンスや効率を主張しても、魑魅魍魎としたJXはなかなか変わらないでしょう。
日本的なしがらみを断ちきるのは厳しいでしょう。

和田さん、沖縄はもう気候は真夏ではないですか?

まあ資源価格はマーケット次第だからね。
上向きの時は享受し、下向きの時は決算数字が悪くなる。三菱商事や三井物産で起きてることも全く同じ。
会社を貶めるような事象ではないでしょ。
支店長も、東燃と違って皆役員クラスだから、格が違う。
それだけ。

「いくらTGがコンプライアンスや効率を主張しても・・」との言葉、本当に、今の社長、専務が胸を張ってJXに主張できるのでしょうか?自分達のコンプライアンスへの甘い行動、統合後の残留だけを条件にしている態度でJXに足元を見られていると思う。

いや本気で今のEM流の規律を持ち込めると考えているよ、というか信じ込んでいるよ
JXはどう考えているのか知らんけど

例えるならジャイアンツと社会人野球のチームが一緒になるぐらいの差が有る、いくら社会人野球チームの監督が良い助言してもジャイアンツチームは聞く耳持たない、いずれ社会人野球チームにジャイアンツチームの首脳陣が入ってきて、伝統が有った社会人野球チームは消滅、社会人野球チームの選手は日の目を見ずに冷飯暮らし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク