JXホールデイングスと東燃ゼネラルの経営統合の発表が8月に近づいた。しかし、JXの今期決算をみると統合を急ぐのは考えものだ。原油や銅の値段が下がり、そのしわ寄せで共倒れしかねない。それよりもTGは既存ビジネスを手堅くやって、状況を見た方がいい。JXは不採算部門の減損処理や燃料電池事業から撤退し、資産を減らしているが、来期予想でも上流部門はマイナス。黒雲が立ち込めている。

この手の決算分析は素人だが、JX決算説明書2ページをみておかしいなと思った。以下、エクセルにまとめた。

① JX経常利益・当期純利益の2月時点の予想との比較 (単位:億円)

       2月公表 実績
経常利益     ▼550 ▼86
(在庫影響) (▼2650) (▼2695)
実質経常利益  2100 2609
当期純利益 ▼3300 ▼2785


② ①のセグメント別経常利益の比較(在庫影響除く)
(億円)
     2月公表 実績 差
エネルギー   1400 1667 267
石油開発    180 282 102
金属        120 190 70
その他    400 470 70
<総計>    2100 2609 509

③ セグメント別4半期ごと経常益
  (億円)
      石油 石化 石開 金属 その他 四半期計
15 4-6  245  213  123  156  88   825
  7-9  -128  112  50  -29  80   85
  10-12 291  193  43   -4  154  677 
16 1-3  483  258  66   67  148  1022
総計    891  776  282  190  470  2509
②2月公表との差741   102   70   70   983

④ JXとTGの10~12/1~3月の決算比較
(億円)

           10-12         1-3
           石油  石化   石油   石化
JX、調整後経常 291   193    483    258
TG調整後営益  188   44    165    95
<JX>-<TG> 103  149    318    163 

2月での決算予想に比べ大幅に改善され、経常利益-550億円が-86億円になっている。予想時点より各セグメント全てが良くなったというのだが、短期間でそんなによくなるものだろうか。最も上向きになったのが、石油と石化の+267億円である。化学はエチレンのマージンがこのところ良いが、石油マージンは前の四半期(10月~12月)よりも悪いのだ。

ちなみに13日TGの第1四半期(1~3月)の決算発表があった。
調整後営業利益は、石油165億円、石化95億円。同期のJX比較が図④で、石油部門の利益がJXで異常に膨らんでいる。これはおかしい。最も考えられるのは、決算対策でデイーラーへ売り上げておいて後で事後調整。これは推測に過ぎないがそういう疑念が残る。他セグメント改善については想像力がないので不知。

でも、これって東芝が利益水増しをしたのと似ている。業界慣行かもしれないが、こういう会社との統合は身綺麗にしてからにしてほしい。

ひめゆりの塔
沖縄糸満のひめゆりの塔。この下のガマで女学生たちが犠牲になった
。元米兵がまた沖縄の女性を殺す事件を起こした。沖縄戦の後遺症としての日米占領状態がこうした悲劇を繰り返す。
沖縄を、沖縄に返せ
スポンサーサイト

コメント

JXは半官半民みたいな会社なんでリストラは進まないような気がします

でも今さら統合やめましたってわけにはいかないよね
統合してからどうするかに全力を傾けるべき

Re: タイトルなし

> でも今さら統合やめましたってわけにはいかないよね
> 統合してからどうするかに全力を傾けるべき

いやいやそういう投げやり気分はやめた方がいい。モラトリアム、8月発表は少し待て。

統合は御上のシナリオなのでどうあがいても変えられないでしょう。
フォーラムでの質疑とか聴いてたら、察してくれよ、的に聞こえました。

和田さんは東燃ゼネラルが単独で今後何十年も生き残っていけると思ってるのかな?
この話を蹴飛ばしたりしたら経産省敵に回すことになるし、そんな甘くはないよ

Re: タイトルなし

> 和田さんは東燃ゼネラルが単独で今後何十年も生き残っていけると思ってるのかな?
> この話を蹴飛ばしたりしたら経産省敵に回すことになるし、そんな甘くはないよ
別にやめろといっているわけではなく、もう少しゆっくりやったらどうかといっているのですが・・・・

資源価格が上昇して、JXの決算が良くなったら統合しましょうですか?
足下見られますよ
それとJXのリストラが済むのを待とうということ?
いつまで経っても進まないから、一緒になってから如何に変わるかに頭使った方が大変だけど、もう避けられない道になっていることを認識した方が良い

石油業界は大が小を飲み込む繰り返しです、ゼネ石がエッソに喰われエッソが東燃に喰われ次に東燃がJXに喰われる、それぞれ喰われた側は冷飯を食わされたが今度は東燃側が食わされる番になっただけ、統合後は重要ポストがJXに変えられてTG側は最近退職された元執行役員の方のように◯◯アドバイザーなる訳の分かりにくいポストへ追いやられるのが関の山

統合するも地獄、しないも地獄
同じ地獄なら、せめて野垂れ死にしない方を選んだ方がまだまし

去年の中期計画で2020年には1千億円の利益との説明だった。単独で充分やっていける。計画は嘘か?単独でやる意地・自信がないのか?JXに根岸を止めて貰う、社長らトップだけは残留を約束して貰う事で吸収されるのに合意するのでは?何の責任も取っていない。TGの将来を考えて・・との説明も、その場凌ぎのデマカセでは?

④の経常利益は、JXについては在庫評価が調整されてない様で、調整済みの数字741億円になります。ただし、この会社の調整済み利益の変動は、かなり激しいです。どう解釈するかは人それぞれですが、理由は色々でしょう。
 それから、第三四半期の経常利益予想差の話であれば、2016/1-3の営業外収支が536億円と大きい(ドル高の影響か?)のが、かなり大きいですね。

15/4-6 15/7-9 15/10-12  16/1-3
458 ▲ 16 484   741

14/4-6 14/7-9 14/10-12  15/1-3
▲ 261 213 2,975   ▲ 2,205

13/4-6 13/7-9 13/10-12  14/1-3
▲ 33 325 ▲ 104   ▲ 267

12/4-6 12/7-9 12/10-12  14/1-3
▲ 143 480 391   300

某新専務はリストラを条件に新しい会社でポジションをもらうことになってると新聞記者に聞きました。この人、本当に何で役員なのか本当に分からない。言うことは経費の節減だけ。くだらない経費の承認をわざわざ自分まで持ってこさせたりして。社長は本当に見る目が無い。これがTGの大失敗。この男がいなければ辞めなかった優秀な従業員が何人いた事か。

2020年までやっていけてもしょうがない
会社は21世紀を生き残っていかなくてはいけないんだから

Re: タイトルなし

> ④の経常利益は、JXについては在庫評価が調整されてない様で、調整済みの数字741億円になります。ただし、この会社の調整済み利益の変動は、かなり激しいです。どう解釈するかは人それぞれですが、理由は色々でしょう。
>  それから、第三四半期の経常利益予想差の話であれば、2016/1-3の営業外収支が536億円と大きい(ドル高の影響か?)のが、かなり大きいですね。
>
> 15/4-6 15/7-9 15/10-12  16/1-3
> 458 ▲ 16 484   741
>
> 14/4-6 14/7-9 14/10-12  15/1-3
> ▲ 261 213 2,975   ▲ 2,205
>
> 13/4-6 13/7-9 13/10-12  14/1-3
> ▲ 33 325 ▲ 104   ▲ 267
>
> 12/4-6 12/7-9 12/10-12  14/1-3
> ▲ 143 480 391   300
私のように素人とは違って、貴方は経営分析をされる方のようですね。ぶれることはおっしゃる通り、でも1-3月の石油のマージンは年末よりも悪かったので、オカシイナといったもので、貴方は「ありうること」ということですね。マジでそう思うわけ??

まあまあ抑えて抑えて

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク