黒い手ぬぐいまいて国会へ行く

本日も暑くなりそうだ。2時から国会へ行く。沖縄での米軍属による女性殺害事件に抗議し、同時刻に開かれる沖縄県民大会と連帯しての東京での集会が国会前である。黒い喪章をつけるようにとの話を聞いたので、黒の手ぬぐいを首にまいていく。

世界中でテロ事件があり、イラクやシリアではISによる無残な異教徒狩りが報じられている。アメリカでは同性愛者の集まるところが襲われ50人が虐殺された。イギリスでは労働党議員が殺された。沖縄問題を拡散してはいけないとは思うが、最近のそうした全くひどい出来事に抗議と追悼の気持ちをささげたい。終わったらまた、OB仲間でビールを飲むだろう。

昨日、JVCの総会に行き、事務局の方に組合の組織加入は今年で終わりと話してきた。総会では、「人道支援・平和構築」「地域自立・循環型社会を作る」などの中期目標を策定した。また、政府関係からの資金に頼らない財政確立、企業と同じく即応性と内部統制など、しっかりしているなと見た。若い人達がスタッフやインターンとして活躍しているのは羨ましい。
今後は会員であるとともに、事務的に忙しかったら応援にいくことにする。

コンラッドの「西欧人の眼から」を読んだ。
著者は「青春」や「台風」「闇の奥」の作品があるポーランド人でイギリスに帰化した。船乗りをして後に作家になった変わりもので、私の好きな作家である。
19世紀からポーランドを占領していたロシアは、西欧とは異質のところ、専制が暴力的に支配する。これへの恐怖と怒りが著者にはある。テロで対応する革命家たち、それに巻き込まれた若者が破たんしていく物語だ。破たんした革命ソ連後を知っているのでなおさら重い話である・・・・・・・・・・・それ以上にページが進まなかったのは、段落がなく、空白部分が見開きの中にない。
終わって読み始めた佐々木譲「暴風圏」は、ページに空白もあり、もちろん話の展開が早く、早く読める。こっちの方に流れていくのは、果たして良いことなのか

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク