御在所岳はきつかった

7日鈴鹿山脈の御在所岳を登り、8日は伊勢神宮を歩いて賢島に泊まり、9日は名古屋に行って戦没船を記録する会の集まりに行った。そして今日は熱田神宮を散策して昼過ぎ帰宅した。

御在所岳はこれまで3度、堺の仲間と登ったが、一人では初めて。また下山も今回はケーブルカーでなく歩いた。大変疲れた。登りは国見尾根コースを登ったが、これは木の根っこがおおい直登でへばった。下山は中コースを通ったが、鎖場が結構あってヒヤッとした。7時間以上かかって湯の山温泉に泊まった。

下山の時には1度コースを見失い、しばらく降たが踏み跡がない・・・・・・・・・これはまずいと元のところに上がり、事なきを得た。
本日の参院選挙は前評判通り、ひどいことになった。日本の政治はもう元に戻りそうもなく、改憲に向かうのだろう。

御在所

鎌が岳
御在所岳の並びに鎌が岳が見えた。槍ヶ岳のようで格好がいい。がれており、こちらからは登れないようだ。

地蔵岩
花崗岩の山塊なので、奇岩が連続してある。これは地蔵岩といって、2つの岩の間に岩がはさまっている。

とりあえず今日はこれで終わり。
スポンサーサイト

コメント

和田さん、熱中症に気をつけてください

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク