山口二郎、お前ダメなんだよ

東京新聞の30日朝刊、「本音のコラム」に北大教授の山口二郎が「沖縄の拒否権」と書いている。山口は、沖縄の辺野古への移転が日米で決まったとしても沖縄が拒否権を持っている、だからそうすんなりいかないと希望を語っている。そして、社民党の連立離脱を批判している。愚劣といい、一時の自己満足のために大局を見失った、日本の左翼にありがちな玉砕主義と罵倒している。そこまでいうことはないだろうに!

私もどちらかといえば左翼、そして民主党などというわけのわからない集団に期待をした愚かなものだ。山口には距離を置きつつも自民党政治からの脱却を、そのためには民主党政権だ、との彼の主張にはナルホドと肯定的に受け止めていた。山口、お前さんは昨秋、政権をとった後、民主的な革命だといっていたよね・・・・そして現在の体たらくだ。

ニュースでは、韓中日の3カ国首脳会談で、鳩山は韓国以上に北朝鮮強硬論をいったようだ。もちろんこの事件は許されることではないし、実行者の責任はあいまいにすべきではない。朝鮮戦争の再現はありえないとは思うが、今の成り行きは何が起きてもおかしくない、危険だ。鳩山は、この事件で安倍慎三などと同じく北敵視になった。東アジア共同体はどうなったんだ。

山口さん、あなたが民主党政権に期待する気持ちはわかる。片思いで私などにも感染させたんだから、責任は取ってもらおう。・・・・・・でも鳩山・民主党はひどすぎるでしょう。社民党がもしこの事態にも「反対だ」といいながら政権与党だったら、それこそ世も末ではなかっただろうか。社民党を愚劣という前に、あなたの責任も素直に言うべきだ。

026.jpg

先週佐渡島でみたカタクリの白い花。きれいでしょう!

私は8月の衛生管理士の国家試験に向けて、昨日から心を入れ替え勉強を始めました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク