「働き方改革」ですか

通常国会が始まった。改憲を公言し、その所信に自民党議員が立ち上って熱烈拍手。嫌だなー
ところで
派遣法を改悪し、生涯派遣制度を推進した安倍政権が、ここにきてこれまでと真逆の労働政策を言いだした。
1つは非正規労働者の待遇改善、同一労働同一賃金
2つは長時間労働の是正。上限時間の設定、インターバル規制
これらは、われわれがいってきたことだ。労基法の摘み食い改ざんをやり、派遣法や請負制度を労働の世界に入れて労働者の身分制を作ってきたのは財界であり、自民党である。最近の安倍首相の豹変=前非を悔いるというなら、「やってもらいましょう」。しかし、後悔とか懺悔など彼ら新自由主義者にあるわけがないか・・・・・。

昨日、文京区民センターで、「安倍政権の雇用破壊に反対する共同アクション」の集会があり、参加した。
集会名は、
安倍「働き方改革」にだまされるな
*STOP!「定額働かせ放題の労基法改革、首切り自由化、労政審解体」
*生活時間と賃金を取り戻そう!

最近の”良いことを言っているじゃないか” 安倍晋三だが、実は・・・・・・と講演を聞いた。なるほどと思ったこと

1、広告会社デンツーの入れ知恵・・・・・貧困問題や非正規の怨嗟の声を取り入れる。アベノミックス不調の目くらまし・・・・・アドバルーンに過ぎず、具体策は提示せず。それでも当事者への期待感をもたせ、さも差別改善をやっているアピールはできる。

2、36協定で残業協定を結べば好き勝手にできる、この結果が長時間労働になっている。しかし厚労省からの規制たたき台は、過労死ガイドラインの月80時間以上にするか、40時間規制にし、ただし逃げ道一杯のものにするかであって、どちらにしても規制にはほど遠い。看護士などの長時間かつ交替のインターバル規制など全く議論にもならない。

3、「働き方改革」の美名のもと、世界で最も企業が活動しやすいようにするのが安倍の持論。残業ゼロ法案や解雇の金銭解決=復職させない、裁量制のさらなる解放など労基法解体は続く。

4、労働政策審議会はILO原則に基づき、経営団体、労働団体(連合)を入れた三者構成だ。派遣法改悪など厚労省の役人が素案を作り、ここで議論し、若干なりと労働側意見を取り入れて成立する。この仕組み自体を変えようとする「検討会」が始まっている。ILOなど関係ないとか、「労働者の意見はヒアリングで足りる」などの議論も出、連合はこれに怯えている。その結果、長時間規制の議論でも柔軟化しているとのこと。

京王バスの労働者が長時間で短いインターバルを強いられ、事故を起こした事例の告発や、外国人研修生の拡大に反対する団体、看護士などの医労連など現場からの発言があった。

「働かせ方」の改革は誰かがやってくれるものではない。
10月19日には国会前で座り込みをアクションなどがやる。

彼岸花
我が家の彼岸花。今年は見事に咲いた。

昨日、TGは日揮と組んで室蘭の遊休地にヤシ殻を燃料とする7万kWの発電所建設を発表した。旧モービルのターミナル跡地のようだ。石炭火力よりもCO2削減効果はあろうが、せっかく北海道なら木材チップ燃焼にできなかったかなー、安定供給がまだ難しいのだろう。
もう一つ、ヤシ園がどこまでも広がっているマレーシアのジャングル破壊を見たら、ヤシガラ発電=エコなんて思えないけど。

スポンサーサイト

コメント

バイオ発電事業に参入への疑問:マレーシアからのヤシ殻輸送も考えて本当にCO2削減効果があるのか?METIの補助金をあてにして長期的な事業の発展が期待できるのか(太陽光発電と同じ道)?出資したイーレックスの「物まね」か(後発で二匹目のドジョウが期待出来るのか)?JXへ吸収された後の戦略を考えての参入か? 大きな収益が得られるとは思いません。

発電事業にどんどん参入しているが、統合話が出るまではコアビジネスの強化と言っていたように思うのだが、世の中が激変したわけでもないし大丈夫なんだろうか?雇用の確保でいえば良いことなんだけど。

なんで室蘭の遊休地なんでしょうかね?
すぐ近くにJXエネルギーの室蘭製造所がありますよ。
あそこは1年半前に原油処理をやめて土地も余っているのにね。
そもそも北海道で電力事業やって成り立つんでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク