福島原発被害者を守れ

本日1時から新宿東口で「被ばくはいやよ/住宅支援打ち切りをやめて」の集会とデモがあり、参加した。
福島では、帰還の強制が続いている。除染したから戻れという。核燃料の処理をどうするのか全く手つかずで、汚染水を薄めて海に流している。放射能汚染の除染土のビニール袋の山からは破れて、汚染水が流れ出ている。
「人のうわさも75日」、福島ではすでに174人の甲状腺がんが見つかっている。そもそもこんな確率で発症する病気ではないが、因果関係なしと行政はしらを切っている。そんなところから子供を離れさせようとするのは当然だ。

子供たちを被曝させてはいけない。自主避難者への生活保護や住宅支援を来春にはとりやめるなんて許されない。
新宿の街中を、「みんな忘れていませんか、福島の原発事故は続いている」と200人でデモをした。
自由党の山本太郎議員が国の無責任な対応を批判し、デモでも横断幕をもって歩いた。彼のような真面目な議員がもう少しいるといいのだが

沖縄での大阪府警の差別言辞を知事は免罪し、反対運動こそ悪いといっている。何ということか!!
スポンサーサイト

コメント

国政選挙は、原発を争点にすると野党系の候補が勝ち、そうでないと与党系の候補が勝つ構図が続きますね。
その辺がまさに「世論」というところなんじゃないですかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク