貧困にNO/格差にNOの集会に4000人

本日、東京は日比谷野外音楽堂で、「貧困にNO!格差にNO!/2.19総がかり行動--みんなで豊かに!みんな大切にされる社会を!」があり、4000人が集まった。戦争反対の市民運動が大同団結して開いたもので、労働団体呼びかけの集会ではない。本来は連合など労働運動がやるべきことだが、やる気のない者にないものねだりをしても仕方がない。それにしても・・・・・どうみても集会参加者は現役卒業の私たち世代である。

2.19集会
集会終わり、銀座放免へのデモに出発するところでの証拠写真

最近は国会前の行動が多く、こうした集会は落ち着いていい。メモを取らなかったので印象的なこと。
*野党4党の結束が進んだ。それだけ安倍政治がひどいことになっている。
*アベノミックスで格差は開き、社会保障は切り詰められている。
*「働き方改革」といいながら、残業規制を年間720時間に規制緩和・・・・これって過労死促進だ
*解散したシールズの筑波大学院生「私は1600万円の奨学金の借金がある。こんなことはいいたくない。お前の責任だろうといわれるのが落ちだから。しかし、日本ほど教育に投資をしない先進国はない。学生の借金は平均で300万。これっておかしくないか」
*シングルマザーの女性は、子供を一人で育てる女性の平均年収が180万円だという。これでどうやって暮らせていけるのかと訴えた。「入学時には制服やカバンなどお金がかかる。それで寄付を集め、200人に3万円を支給すると募集したら、550人の応募があった。切羽詰まった状況を書いて応募してきたがみんなには渡せないので選別している。とtも悲しい。企業にも協力を求め、まともに生きられるようにしたい」
*原発避難者の子供がいじめにあっている。横浜の子どもは自殺を考えたが地震・津波でなくなった人たちのことを思い、とどまったと書いた。政府は20mS以下なら帰還すべし、あとは「お前たちの勝手」という方針。被災者に追い打ちをするから、いじめになる。
*熊本地震の被災者でもある弁護士は、熊本城復活には金を出すが、被災した弱い者には期限付きの住宅しか与えない。老人はどうするのか。

デモを終えたわがOUのOBは5人。東京駅近くで飲んだ。3月には福島の原発事故抗議の集会がある。沖縄にも行きたいねと話した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク