ロシア革命から100年

岩波新書「ロシア革命/副題が破局の8か月」
岩波新書「トランプ王国」
この2つを読んだ感想を書く。

ロシア革命から100年がたち、ソ連解体からも四半世紀たった。私が学生だった頃(69年~74年)には、中国やキューバ、ベトナムには希望を見ていたが、ソ連=変質した社会主義であった。でも革命それ自体に疑いを持つなどということはなかった。レーニンやトロツキーは良かったが、それを変質させたスターリンが悪い、と単純化すればそう思っていた。だから1917年の10月革命を批判的にみるなどとんでもない、考えられないことであった。その前の、帝政打倒の2月革命からの8か月間は本格革命の準備期間であって、10月革命で倒されたケレンスキー首相などは反革命の親玉、と切り捨てていた。

そんな簡単なもんじゃない。本書はその1年未満のつばぜり合いを扱っている。

100年後、10月革命の功罪を見るのはいい。ロシア革命の衝撃は世界の貧しい者に勇気を与え、独立や革命をもたらした。
一方で、2月革命で帝政を倒したが、ドイツとの戦争下、自由主義者や社会主義者は西欧並みの人権や政治的自由そして階級間格差の是正などの改革に努力した。しかし、武装した労働者や兵士は平和と食糧、そして革命を早急に求めた。ボルシェビキ党の革命はそうした下層のエネルギーを吸収したクーデター的なものであった。権力をとるや、戦時独裁体制となり、その後の内戦・血の粛清と塗炭の苦しみを{ソ連圏}の人たちにもたらした。

本書の末尾に以下のまとめがあり、同感だ。「1917年のロシア革命が私たちに伝えるのは単純なことである。人は互いに譲りながら、あい異なる利害を調整できる制度を粘り強くつくっていくしかないのだ」

新書「トランプ王国」は、
アメリカ大統領選でトランプを熱烈に支持した、アパラチア山脈の炭鉱地帯、ピッツバーグ周辺の製鉄所跡地、そして自動車工場撤退したデトロイト周辺をルポしたものだ。「わしの若いころは、高卒で溶鉱炉で働き、家を持ち、車を持ち、旅行にも行けた。ところが今はどうだ。製鉄所はなくなり、子供たちは卒業するや都会に行く」。こうした産業空洞化地帯を丹念に見て回った朝日新聞の特派員は、その熱狂的なトランプへの期待<大都会のエリートへの反感/雇用復活>を見、早くからトランプの勝利を予測できた。

グローバリゼーションによる工場の空洞化、これへの不満は日本も同じ。ただし、アメリカだけが独歩であった時代を夢見られても無理がある。中国もインドもその他では、安い労賃で生産できる。そしてもう一つ、技術の発展で単純労働が機械化されてきた。

トランプを支持したアメリカ国民の不満、下流に押し流されていくという不安。
これを世間知らずと一刀両断しても仕方がないが、トランプ流の宣伝に乗ってしまうところがおっかない。

コスモ石油がキグナス株を購入
石油元売りの再編成でいろいろ動きがある。
JXとTGは4月1日に統合する。統合後の労働条件のOU労使交渉を23日にやった。ほぼ終わり。本日TGでは、従業員の配属先が示された。
出光と昭和シェルは???RDSが持つ昭和シェル株の3割以上をとりあえず出光が買い、外見的には出光が親会社になった。出光の創業家の弁護士である浜田弁護士が、創業家から解任された。女性問題?それとも条件交渉に行くいかないの対立か?

これまで蚊帳の外だったコスモがキグナス石油の20%の株を三愛から買う、という。
報道によると、TGからの供給協定が2020年に切れるキグナスからコスモにこの話をしたという。キグナスはTG川崎100号地の製油所の元の持ち主だったが、TG売却の際に供給協定をした。それが3年後に切れる。ましてやTGはJXと一緒になるから、これまでのような安く供給される条件はなくなる。あわてたんだろう。コスモにとっては、販路拡大か。METIの応援もあったんだろう。
TGからの業転玉の大元をつぶすのがJXにとっての統合メリットと聞いたことがあるが、JXの期待通りということだろう。
スポンサーサイト

コメント

2017年3月期限の高度化法も取り敢えずはチャージダウンで数字合わせしましたけど4月以降は工場の最適化が始まるんでしょうね、2~3工場は閉鎖か縮小されていくのでしょうね、工場より先に本店や営業部門から始まりそうですが、リストラは避けられないでしょうね。

Re: タイトルなし

> 2017年3月期限の高度化法も取り敢えずはチャージダウンで数字合わせしましたけど4月以降は工場の最適化が始まるんでしょうね、2~3工場は閉鎖か縮小されていくのでしょうね、工場より先に本店や営業部門から始まりそうですが、リストラは避けられないでしょうね。
キグナス石油との契約が3年後に切れ、キグナスは供給先をコスモに変える。それだけみても5万㌭減るわけで、統合新社全体での製油所削減は早まるでしょう。本店のポスト整理でERPを早めにやるのではないか。ただし、販売部門についてはそうすぐにやれるんでしょうか?

新社では、というより世の中一般的にERPとは、早期退職プログラムではなく、基幹業務統合システムのこを指すんだよね、とJXの熱心な読者諸氏のために解説してみました 笑

>ERPとは、早期退職プログラムではなく、基幹業務統合システムのこを指すんだよね
世の中一般的には基本的にはそうですが、過去のゼネラル石油時代を知っている方はERP→早期退職が一般的です,ご指摘有難うございます 笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク