6年目の3・11

昨日は東北大震災から6周年。今もって被災者の多くが元に戻れず、4000人近くの震災関連死亡を含めると2万人余の死亡・行方不明者が出た。突然の天災に対し、みんなで応援しなくてはいけないのに、高台住居もほとんどできず、福島の自主避難者には放射能規制を緩和して「帰れ!帰れ!」と強制。一方で、森友学園のような事件や豊洲の東ガス跡地の汚染問題。軍事費の一層の増強と、放漫というか無駄に金が使われており、憤懣やるかたない。

昨夜衛星放送で、東北各地の素晴らしい桜見物を1時間やっていた。苦労しながら、でもへこたれずに頑張っている人たち。涙が出ました。

3.11毘沙門山
3.11の東電抗議行動や国会包囲などは翌週に回し、私は山仲間と日光近くの毘沙門山にハイキングをした。男体山や女峰が岳なども雪をかかえた雄姿が見えた。

2時46分、駅で電車を待っているときウーウーと避難訓練の合図が聞こえたので、1分間黙とうをした。
福寿草日光周辺はまだ寒く、福寿草が庭先で咲いていた。

来週16日には春闘回答があり、団交に出席することにしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク