紙泥棒を見ちゃった

朝のアルバイトを終え、10時半に帰ると、家の近くで紙回収日をねらった紙泥棒に出くわした。我が家の廃新聞紙も、仙台ナンバーの黒ワゴン車に積まれるところだった。たぶん紙価が高いのだろう。いずれ行政の摘発があるに違いない。
「あなた、区の委託業者ですか」と抗議しなくてはいけないが、怖くて見て見ないふりをした。

火曜日はビン・カン、ペットの回収だが、ホームレスとおぼしき年寄りがアルミ缶を山のように集めている。
この前も、捨てに行ったらせっせとアルミ缶だけを集めているところに出くわした。どうぞと渡したら、「通学前はやめてくださいと言われているんですが・・・・」と言い訳がましくいう。でも遅くなると仲間に集められるのでやむなくやっているようであった。こちらは生活保護など社会福祉の問題だ。

3.20福島忘れない
20日、代々木公園で反原発の集会があった。「福島を忘れない」という表題が6年たつと重い。1万1千人が集まった福島を中心に甲状腺がんが出ている。行政はこれを原発事故との因果関係不明と逃げている。患者家族はあたかも悪いことをしたかのように隠している、でも不安。そういう人たちを1人10万とか20万寄付する活動の紹介があった。「子どもを守るのは大人の責任」とデモのコールにもあったが、無駄な除染をやって強制帰還させるよりも、とりあえず放射能の強い地域からの避難者の生活保障をやった方がずっとコストも少なくできるのに。
OUのOB6人で、デモを終了後、飲んだ。

OB会のニュースによると、会社から統合後の話があったという。はっきりいえば、これまでのような「仲良く」はできないということ。うるさいOB会との関係を一刀両断するようで、現役経営者はさぞ恨まれるだろう。「JXが・・・・」と逃げるんだろうなー。
*OB会への補助費は減らす
*ガソリン補助は1年間だけ5%に減らし、来年から廃止
*来年4月からの退職者はJXTGのOB会に加入してもらい、希望者はオブザーバーでTとかGなどのOB会に加入できる
OB会のことだけど、組合にも一言あってもいいはずだ。

本日、自公の与党は共謀罪改め「テロ等準備罪」の成立させることを決めた。どうして、更にさらに住みにくい社会を作ろうとするのだろうか。権力者の恣意的な判断で刑罰を適用する法律案だ。
沖縄では番線を切っただけで、基地反対活動家が5か月も拘留された。福島に労組仕立てのレンタカーで行ったが、その費用徴収したら白タクだといって、弾圧。今でもこういったでたらめなことがやられている。更に、何でも弾圧できる法律を乱造するというのだ。秘密法、戦争法、そして共謀罪。なんか「どうせ通ってしまうんだろう」と思うが、反対しなくっちゃ。
スポンサーサイト

コメント

統合が間近に迫って出てくるものは何も良いもんは無いですね、これで対等なんでしょうかね?相手に押しきられた感しかないですよ、統合準備室で頑張られた方もいるんでしょうが残念です、最近はTG社長の影が薄く感じるのは私だけでしょうか。

こうなることは、はじめから目に見えていたのではないでしょうか

対等なんて、土台無理な話

いろんな制度がどんどんJXカラーに染まっているのが、今の現状

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク